建物形状から省エネプランを探す

名古屋市千種区【仲介手数料不要】新築戸建

【こちらから検索】 ➤名古屋市千種区【仲介手数料不要】新築戸建
仲介手数料を無料にできる物件は、「リノベーション」「リフォーム」「新築一戸建て」です。 売主さんは「リフォーム」「建売」の商売をしています。売主が払う手数料は、いわば「広告費」代わりです。 従来型の仲介業者は仲介手数料を双方に請求してて、両側からのダブルです。 これは手数料の取りすぎというのが当社の考え方です。 このような物件は商品といえますが、「商品を買うのに手数料を払う」のは、当初から私どもでは変わった習慣だと考えていました。 一方、当社はネットのセールスが得意ですので、宣伝経費を抑えることができます。 売主が直販をしない理由 売主と買主が直取引をすれば、売主、買主の双方とも仲介手数料を無料にできます。 しかし、売主は直接販売をしません。売主が直販をしない理由は、仲介業者のコストと同じく「広告費」「人件費」です。 不動産はたいへん金額が大きいのですが、商品としては1個です。 売れないと1個のために、湯水のように費用を使うことになります。 失敗のリスクがある以上、コストをかけることができません。そこで販売経費を仲介業者への手数料という形で固定させるのです。 現在の不動産マーケットでは、この形態が定着しています。売主が自社で直販をすることは、基本的にはしません。 手数料を省くために売主も隠れて直販できますが、それが明るみに出ると仲介業者が逃げてしまうので、そのリスクはとりません。 販売の腕力に自信があり、強い営業部隊を持つ売主は、自社での直販をする企業もあります。 たとえば新築マンション業界や投資マンション業界では、自社で販売部隊をもっているため、直販が基本です。このような背景があって、新築マンションや投資マンションの電話営業が多いのです。新築マンションには手数料がかからないのはこうした理由です。 「バイヤーズエージェント」 当社は買主の皆さまのバイヤーエージェント(買主の代理人)として行動します。 制度では売主様も買主様も等しくお客様なのですが、手数料無料の物件の取扱いにおいてはは、主として「リフォーム住宅」「新築一戸建」で売主もプロフェッショナルであるため、十分な知識を備えています。このような売主は、仲介業者は不動産業者のフォローは最小限に抑えることが可能です。自分自身の判断で交渉の要求をしてきます。このため、実情としては当社は買主フォローの係にシフトするようになります。 企業努力 ダブル手数料にしないための企業努力と工夫も重要な要素です。ネット・サイト中心の営業活動、派手な事務所にしないetcなどの方針をとっています。 経験豊富さ 仲介業務だけでなく、建売開発、マンション開発の現場も知っているスタッフや、ネット企業に勤務の経験があるスタッフで運営しています。そのため、単なる交渉だけでなく、いろんな質問にも対応できます。
工場・倉庫などの屋根を有効活用で【優良資産】に 有休地や空き地を有効活用で【優良資産】に
20年間安定した【収益確保】の産業用太陽光発電 広い土地を是非【買います!】【借ります!】
土地付き太陽光発電【高利回り】物件情報はこちら 【売電収入最大化】を実現するO&Mサービス