建物形状から省エネプランを探す

省エネ 冷蔵庫は省エネ性能が大幅に向上・年間消費電力量約43%も削減

冷蔵庫で保存しない方がいいものがある

冷蔵庫は省エネ性能が大幅に向上した家電製品。2015 年のモデルは、9年前に比べて年間消費電力量が約43%も削減されています。※ また、モノを詰め込みすぎないとか扉の開閉を少なくするといった、使用する側の省エネ知識もずいぶん高まってきました。 ただ、冷蔵庫で保存した方がいいものと、常温で保存した方がいいものの区別がハッキリしないという方はまだ多いようです。 肉や魚、野菜など鮮度が重要な食材は冷蔵庫へ。これは当然ですが、実は、野菜でも冷蔵庫へ入れない方がいいものがあるのです。 定格内容積401~450Lの9年前冷蔵庫と最新冷蔵庫の比較

根菜類は庫外で保存して冷蔵庫にゆとりを持たせましょう

代表的なのは根菜類。ジャガイモ、サツマイモ、サトイモなどは冷蔵保存しない方がいいと言われます。ニンニクやショウガも皮付きのままなら冷暗所に保存すれば大丈夫。根菜類を外に出すだけでも、冷蔵庫にゆとりができ、消費電力量のムダを防ぐことができます。 また、暑い地方原産のピーマンやキュウリも冷蔵庫が向かないと言われています。つい冷蔵庫に入れたくなりますが、少量ずつ買って庫外に置き速く食べきってしまうことが、冷蔵庫にも、野菜にも、優しいことなんですね。

冷やご飯をチンした方が省エネ

家族の食事時間がバラバラというご家庭には、ご飯を炊いてそのまま保温できるジャー炊飯器は手放せません。食事のたびに炊飯するのはもったいないと、多目に炊いて保温しておくひとり暮らしの方もあるでしょう。 でも、保温は意外に電力を消費します。 例えば、「炊飯時消費電力量158Wh」「保温時消費電力16.5Wh」の炊飯器。10時間保温し続けると消費する電力量は323Wh。1回ご飯を炊くよりも多くの電力を消費します。 これに対して、残りご飯を保温せず、食べるときに電子レンジ(700Wh)で3分加熱した場合は193Wh。冷やご飯をチンした方がだんぜん省エネです。それに、保温機能が向上したとはいえ、長時間保温するとご飯がパサついたり臭いがついたりすることがあります。

保温機能を発酵料理に役立てる

ご飯の長時間保温はもったいないけれど、長時間一定の温度をキープできる保温機能は優れもの。やわらかく炊いたご飯に麹を(こうじ)を混ぜ、50〜60℃に保温して約8時間おけば、炊飯器でおいしい甘酒をつくることができます。分量は米1カップと3カップの水、麹2カップが目安。ポイントは、60℃以上にならないようにすること。炊飯器のフタをせずにフキンをかけたりめくったりして調節します。 パン生地の発酵にも炊飯器の保温機能は使えます。オーブンを使わず、炊飯器だけで焼き上げることも可能。 ちっとも省エネにならないという声も聞こえそうですが、せっかくついている機能なら、フルに使いこなすのも省エネではないでしょうか。
初期投資0円の省エネ対策 省エネ企画
工場・倉庫などの屋根を有効活用で【優良資産】に 有休地や空き地を有効活用で【優良資産】に
20年間安定した【収益確保】の産業用太陽光発電 広い土地を是非【買います!】【借ります!】
土地付き太陽光発電【高利回り】物件情報はこちら 【売電収入最大化】を実現するO&Mサービス