建物形状から省エネプランを探す

省エネ 消費者は自由に電力会社を選べる社会に

2016年電力自由化

一般家庭向けの電力自由化が開始され、早一年。 これに先駆けて実施されていたのが、法人向けの電力自由化 「既に切り替えた」「一度は検討した」といった企業様も多いのではないでしょうか。 しかし、まだまだ完全に浸透したとは言い難い状況です。 自由化によって、消費者は自由に電力会社を選べる社会に とは言うものの、電力会社の選定を間違えてしまうと 思わぬ不利益を被る可能性が無きにしも非ず 新電力に切り替えれば電気料金は必ず安くなるというわけではないのです。 そこで、新電力会社への切り替えを検討される際にポイントとなる点をご紹介いたします。

①負荷率

時間によって電気使用量に差がある場合、負荷率は低くなる傾向にあります。 この負荷率が低いほど、新電力会社へ切り替えた際の削減メリットは大きくなります。

②電力の供給エリア

新電力会社によって戦略が異なるため、供給に積極的なエリアが違います。 よって価格差が生じることがあります。

③調達形態

電力の調達先はJEPX電力市場での取引となるのか、 他社からの供給となるのか、もしくは自社発電設備を有するのかこれらの割合によっても電力料金は変化します。 弊社では省エネ企画と題して、新電力の無料試算をご案内させて頂いております。 上記のポイントも含め、新電力に切り替えて コストダウンを実現した事例等もご紹介。 御社の情報収集、比較検討にぜひ無料試算をご活用下さいませ。
初期投資0円の省エネ対策 省エネ企画
工場・倉庫などの屋根を有効活用で【優良資産】に 有休地や空き地を有効活用で【優良資産】に
20年間安定した【収益確保】の産業用太陽光発電 広い土地を是非【買います!】【借ります!】
土地付き太陽光発電【高利回り】物件情報はこちら 【売電収入最大化】を実現するO&Mサービス