建物形状から省エネプランを探す

太陽光発電の遠隔監視システムについて

遠隔監視は様々なシーンで取り入れられています。特に自然を監視する時はとても便利なシステムです。遠くからの監視にもいろいろな種類がありますが、産業用の場合は自然を監視する時にも役立ちます。自然の状態は誰にも予測できず、時に大きな自然災害などへ繋がることがあります。監視する対象が自然の場合、監視をする場所から対象までの距離が遠いので、何もなければよいのですが、何かあった時気付くのが遅れると、安全面への不安なども出てきます。
  • 目次

  • 1.自然遠隔監視とは

  • 2.遠隔監視を取り入れるメリット

  • 3.便利な機能

1.自然遠隔監視とは

監視をするにしてもただ画面を通して監視しているだけでは、何かトラブルがあっても一旦現場まで行き状態を確認し、トラブルの原因を確かめてからそれに必要な修理道具などを持って再度現場まで駆けつける、という二度手間になってしまいます。これは以外とコストがかかりますし、時間のロスも大きくなります。遠くからの監視に、トラブルの原因や機械などのデータも一緒に確認できる機能が付いていれば、一旦現場に行って原因を確かめ、出直すという無駄が省けます。定期的にメンテナンスが必要な産業用機械を置いているところが自然に囲まれているような場合も、メンテナンスの必要があり、その原因もわかっていれば準備万端で迎えられるので、時間もコストも節約できます。 遠い場所からの自然の監視にあると便利なのが、監視画面上でいろいろなことが確認できる機能です。監視先で何かの異常があった時、それをいち早くメールで知らせてくれる機能もあると便利です。監視画面からこれらすべてのことが分かるようになれば、異常があった時もすぐに気づけるためその分早い対応が可能となります。原因が分かれば、修理や改善に必要な道具、人材の確保などもスムーズに指示や対処ができ、作業効率もアップします。

2.遠隔監視を取り入れるメリット

遠隔監視にはメリットがいくつかあります。例えば遠く離れた場所から発電所の監視をしていて、何か異常が確認されたとします。機械が故障したということは分かっていても、どこのどの部分に原因があるのかわからないと、一旦離れた場所まで出向きそれを自分の目で確認しなければなりません。場所によりますが、自然に囲まれている場所ではそこまで行くのにも一苦労ですし、原因を確認しても、修理をする道具や必要な部品を持っていないので、一旦取りに帰ることになります。 この場合往復にもかなりの時間がかかりますし、2度の往復を強いられますので、時間も交通費などもロスが大きくなります。もしも監視している時、トラブルの原因がどこにあるのか、最初からわかっていれば、全て準備を整えてから現場に出向くことができます。これにより1度の往復で済みますし、故障している箇所が重要な役目を持つ場所だった場合、修理までに時間がかかればその分全体にも影響してきます。 監視画面に異常の原因、今までに集計したデータなどが一括表示されれば、欲しい情報がすぐにわかるため、余計な手間を省けば、コスト削減にも役立ちます。遠くから監視する場合、災害時には現場まで出向くことが難しくなります。こういう時も手元で状態が確認でき、便利かつ安心です。 遠くから監視をする時、なにかトラブルがあった場合は、過去のデータが豊富なほど情報量を集めやすくなります。データが多いほどO&Mもスムーズになり機能診断などもしやすくなります。O&Mは遠いところからの監視にも欠かせないものです。

3.便利な機能

遠隔操作の仕組みについては、各会社での違いもありますが、監視する時は、監視画面でより多くのことを確認できるかどうかが重要です。例えばシステムや機械に何らかの異常があった場合に届くお知らせメールをすぐに確認できるか否かが挙げられます。異常があった場合、異常の原因などの情報、作業に関するデータは、報告書を作成するために必要です。O&Mにより予定が変わった時はスケジュールの調整も必要です。こういった事を全て監視画面から一括で確認したり、管理できたりすると作業効率もアップします。 例えば発電所でデータを計測する時は、CT計測よりも、PCS計測の方がより多くの情報を集めることができます。一般的に使用されているCT計測では、現在の発電力状態しかわかりません。これをPCS計測にすることで、様々な電流や電圧の状態、運転状況や故障に関する項目など、より多くの計測が可能です。メーカーによる違いはありますが、PCS計測では20から80の項目を計測できます。 メーカーや会社によっては、計測するパワーコンディショナーに制限があります。産業系の遠隔監視をするなら、パワーコンディショナーに制限がなく、幅広いPCSに対応している物がおすすめです。今はパソコンだけでなく、タブレットでも使えるようになっていますので、幅広いツールにも対応していることが重要です。 特にタブレットは携帯に便利であり、現場にも持っていけるのがメリットです。クラウドサービスが利用できれば、タブレットからも監視画面が確認できます。何か異常があった時にメールで知らせる機能を利用している場合は、タブレットの方が気づきやすいでしょう。
 ↳太陽光発電コラム一覧へ
工場・倉庫などの屋根を有効活用で【優良資産】に 有休地や空き地を有効活用で【優良資産】に
20年間安定した【収益確保】の産業用太陽光発電 広い土地を是非【買います!】【借ります!】
土地付き太陽光発電【高利回り】物件情報はこちら 【売電収入最大化】を実現するO&Mサービス
企業間アライアンス・業務提携で【win win】の関係を 【御社様オリジナルの省エネプラン】を作成いたします