建物形状から省エネプランを探す

太陽光発電システムは地球環境の悪化を防ぐ対策

太陽光を電力に変換する太陽電池を使って、発電するのが太陽光発電システムです。多数の事業用の大規模な太陽光を使った発電システムも稼働していますが、一般家庭の屋根の上にソーラーパネルを設置した発電システムも普及しています。
  • 目次

  • 1.太陽光発電のメリットとは

  • 2.太陽光発電を導入する前の十分な準備が大切

  • 3.太陽光発電を導入後のこと

1.太陽光発電のメリットとは

数多く導入されるようになった太陽光発電の最大のメリットは、石油などの化石燃料を使わなくても発電できることでしょう。化石燃料を使用する従来の発電方法では、地下資源を消費して地球の環境を悪化させる温室効果ガスを排出してしまいます。温室効果ガスによる地球への温暖化の影響は、テレビのニュースや新聞などでも度々取り上げられているため、良く知っているという人も多いはずです。地球温暖化によって気温が上昇すると熱中症になる危険性が増すばかりではなく、少雨・多雨などによる水問題や、強大な台風の発生などの問題が生じます。こうした懸念は世界的な問題となっており、太陽光発電を普及させようと、各国で法整備なども進められている状況です。 当然日本でも、太陽光による発電システムを導入する企業に対して助成金を交付する制度が設けられたり、売電で収益を得られる制度が定められたりしています。太陽光を利用した発電システムを設置するには初期費用が必要となりますが、発電システムで作った電力を電気会社に売ることによって、その費用を賄うことが可能です。年々太陽光を利用する発電システム自体の価格も安くなる傾向にありますので、導入しやすい環境が整いつつあると言えるでしょう。地球環境の悪化を防ぐ対策となるだけではなく、毎月の電気料金を削減する効果が期待できるのも、太陽光を使って発電するシステムのメリットです。

2.太陽光発電を導入する前の十分な準備が大切

太陽光を使った発電システムで電気を作り、それを売って収益を得ることもできますが、同じシステムを導入しても設置する方法や地域によって、発電量に違いが出ることがある点に注意をしなくてはなりません。太陽光を使って発電する太陽電池は、できるだけ長い時間太陽光を受けられる場所に設置した方が良いですし、設置角度などについても最適な設定をする必要があります。 また、晴天の日が多く毎日太陽光が太陽電池に当たる地域であれば発電量も多くなりますが、曇りや雪の日が多い地域では発電量は少なくなってしまうでしょう。そのため、太陽光発電システムを設置する前に、十分な調査やシミュレーションを行わなくてはなりません。太陽光の発電システムを設置する業者などに詳しい調査を依頼して、どこにどのようなシステムを設置するのが良いのかを相談するようにしましょう。 年間を通じてどの程度の発電量が見込めるのかについては、シミュレーションを使って目安となる値を知ることができます。こうした調査やシミュレーションに基づいて、発電システムの導入費用がどのくらいであり、どれほどの年数で賄えるのかを計算してくれるので、できるだけ正確な値を把握することが重要です。 事前の調査やシミュレーションを依頼する時は、太陽光を使った発電システムに関する業務知識と実績の豊富な業者を選ぶようにしましょう。まずは、業者に過去の実績などを聞いて、信頼できることを確かめてから調査などを依頼するようにしてください。複数の業者に相談をした上で結果を見比べて、あまり極端な内容を出して来た業者は候補から外すことも有効です。太陽光による発電システムは、通常10年以上使用する設備となるので、導入する際は慎重に行うようにしましょう。

3.太陽光発電を導入後のこと

太陽光による発電システムはほとんどメンテナンスをする必要がないので、設置した場合は利用者がシステムの整備などを行うことはありません。定期的に発電量を調べて、予想通りに発電していることを確認する程度で問題ないでしょう。太陽光を発電するパネルは、日当たりの良い屋根の上に設置されることがほとんどであり、専用の器具を用意していない人が様子を見ようとすると、怪我や事故が発生する可能性が高いので、無理にメンテナンスしようとしてはいけません。 ソーラーパネル表面の汚れなどは雨や風によって自然に綺麗になりますし、定期点検などを行うには専門的な技術が必要です。発電システムをインターネットに接続して、常時発電量やシステムの状態を監視することも可能となっていますから、本格的なシステムのモニタリングやメンテナンスについては、メーカーや専門の業者に任せるようにしましょう。 このように、より良い状態で太陽光を使った発電システムを運用するには、発電システム本体の性能にこだわるだけではなく、業者のアフターサービスについても確かめておくことが大切です。メーカーや業者によって、サービス内容や料金体系に違いがありますので、発電システム導入後にどのようなサービスが受けられるのかを、具体的に確かめておくようにしてください。導入した後のことについても具体的に検討しておかなければ、効率良く太陽光発電システムが運用できないため、気を付けましょう。
 ↳太陽光発電コラム一覧へ
工場・倉庫などの屋根を有効活用で【優良資産】に 有休地や空き地を有効活用で【優良資産】に
20年間安定した【収益確保】の産業用太陽光発電 広い土地を是非【買います!】【借ります!】
土地付き太陽光発電【高利回り】物件情報はこちら 【売電収入最大化】を実現するO&Mサービス
企業間アライアンス・業務提携で【win win】の関係を 【御社様オリジナルの省エネプラン】を作成いたします