建物形状から省エネプランを探す

太陽光発電への投資に関しては比較的リスクが少ない

投資をする分野は各企業もしくは個人によって異なります。個人で自営業を行っている人は株式の売買などを行っている方もいます。一方で企業においては投資規模は個人と比較して大きく、企業規模によって多額の投資を行い利益を得る方もいます。例えば現在ではIT技術に注目が集まっており、自動運転技術のために多額の予算を使って開発にあたっている方もいます。利益を得るための投資は必要ですが、電力に狙いを定める企業も少なくありません。電力の発電においては従来であれば火力発電や原子力発電が主流でした。しかし、この発電方法は規模が大きく、企業においてもなかなか手出しをすることができるところは限られます。一方でクリーンエネルギーが現在では注目されています。環境汚染に対してあまり影響を与えない発電方法です。それは以前からも存在していました。例えば風力発電や地熱発電です。しかし、今では太陽光を利用した発電が注目を集めており、実際に既に設置をして企業の利益となっているところがあります。企業が取り入れる太陽光発電は産業用になります。
  • 目次

  • 1.太陽光発電に投資をする時には初期費用が必要

  • 2.太陽光発電の投資を行う前に土地の選択

  • 3.太陽光発電を遠隔監視できるシステム

1.太陽光発電に投資をする時には初期費用が必要

産業用の太陽光パネルにおいては周知の通り全量買取制度が適応され、発電した多くの電力を売電できます。これによって一定の利益を得ることが可能です。太陽光発電に投資をする時には初期費用が必要です。当然規模が大きくなればなるほど初期費用は高くなります。産業用太陽光発電は投資になるため、それなりの初期費用がかかりますが、企業によっては魅力があると感じられる点がいくつも存在します。例えばグリーン投資減税の適応です。グリーン投資減税を受けられれば税金対策が可能です。企業においては法人税がかかります。法人税の負担は大きく、節税対策を行っている企業は少なくありません。節税目的で導入ができますが、期限によっては適応されない可能性もあります。そのため、税理士などに尋ねて期限が適応内であるかどうかを確認しましょう。 投資にはリスクがつきものですが、太陽光発電への投資に関しては比較的リスクが少なくなっています。例えば初期投資をした費用は数十年で戻ってくるとされており、大切に運用を続ければ後には利益となります。ランニングコストが少ない点も特徴です。ランニングコストとは事業運営をし続ける際にかかるお金です。例えば事業を運営していると機械の故障や人件費が必要です。機械の故障においては業者に依頼をしてトラブルを対処してもらいます。人件費は従業員にかかるお金です。人件費は規模が大きければ大きいほど増大します。それとは異なり、パネルが設置されている現場に人を送り込まなくても問題なく稼働します。確かにトラブルが発生すれば対処が必要ですが、基本的にパネルは強化ガラスで覆われており、比較的長持ちがしやすくなっています。これによって人件費増大のリスクや故障リスクが他の事業投資に比べて少なくなっており、ランニングコストが少ない点も魅力の一つとなるでしょう。新規事業投資を考えている方は一度売電を検討されてみてはいかがでしょうか。

2.太陽光発電の投資を行う前に土地の選択

太陽光発電の導入を検討されている方は予め土地の選定を行います。土地や自社ビルの屋上によっては設置に不向きなところもあるでしょう。貴社で判断することが難しい場合は業者に依頼をして代行シミュレーションを行ってみてはいかがでしょうか。代行シミュレーションでは発電量推定を行ってもらえます。太陽光発電による発電は太陽の光の強さなどによって変動します。そのため発電効率を上げるためには、なるべく発電量が多いことが予想される土地や場所を選択することで多くの利益を得られる可能性があります。 発電量の推定も設置前に必要ですがそれ以前に住民に対する配慮が必要です。反射光によるトラブルなどが起きている地域もあり、度々ニュースなどで紹介されることがあります。反射光とはパネルに反射した太陽の光です。もし直接住宅の中にその光が入れば、その光や熱により家具などが日焼けにより色褪せなどが起こります。反射光の推定を事前に行ってもらい、なるべく住民とのトラブルが発生しない場所に設置をして売電で利益を得ましょう。

3.太陽光発電を遠隔監視できるシステム

現在では太陽光発電を遠隔監視できるウェブモニタリングなどが販売され、産業用の太陽光発電を設置している企業の多くは既に導入をしているところもあります。遠隔監視システムはパネルが設置されている現場でなくても監視することができ、監視体制の整備が行えます。 タブレットから監視することもでき、パソコン以外の端末から監視画面にアクセスすることが可能です。異常などが万が一発生した時はモニタリングから確認することもできますが、メールで知らせてくれるため、他の業務にあたっている時でも異常やトラブルに気づきやすいでしょう。
 ↳太陽光発電コラム一覧へ
工場・倉庫などの屋根を有効活用で【優良資産】に 有休地や空き地を有効活用で【優良資産】に
20年間安定した【収益確保】の産業用太陽光発電 広い土地を是非【買います!】【借ります!】
土地付き太陽光発電【高利回り】物件情報はこちら 【売電収入最大化】を実現するO&Mサービス
企業間アライアンス・業務提携で【win win】の関係を 【御社様オリジナルの省エネプラン】を作成いたします