建物形状から省エネプランを探す

地球環境に優しい太陽光発電

再生可能エネルギーを使った発電方法は、地球環境に優しい発電方法として重宝されていますが、個人レベルでも太陽電池を設置することで、多くの利益を生むことができます。 また、産業用太陽光発電システムは、多くの太陽電池を設置することで、一般家庭の発電システムでは得られない発電量を確保することができ、多くの利益を生むことが可能であるといわれていますが、そのためには太陽電池の発電量を定期的にチェックすることが大切です。 天候や周辺環境、設備の状態によって発電量は常に変動するので、大きな変動が起きないよう、安心できる業者に依頼をする手段を確保しておきましょう。

目次

1.太陽電池の発電量は様々な条件で変化

2.少しの変化も見逃さないような環境づくり

3.計測と監視などのモニタリングに関する知識

1.太陽電池の発電量は様々な条件で変化

太陽電池の発電量は様々な条件で変化します。もちろん天候による増減は常に発生しますが、ひどい汚れが付いて太陽光が当たらなくなったり、災害などの影響でパーツが壊れたりと、突発的なトラブルのせいで、大きく発電量が減ってしまうこともあります。そうした情報を計測したり監視したりするためにも、対処法も考えておきましょう。 なお、太陽光発電システムには、決まって発電量をチェックするサービスがあり、一日の発電量をリアルタイムで測定することができる測定器があります。測定した結果は、グラフ表示などで画面表示されるようになっており、発電量の推移なども分かりやすく確認することができるので、どんな機能があるのか前もってチェックをしてみましょう。 産業用の発電システムの場合、広大なスペースや敷地が必要になるので、自分の目で状態を確認しづらい郊外などに設置されることが多いのですが、そうした離れた場所でも遠隔監視などで管理できるようなサービスも存在します。 最近の測定器はインターネットによる遠隔監視によって、効率よくリアルタイムに情報を確認できます。万が一、何か異常が発生したときはすぐに把握でき、専門の業者に作業を依頼することが可能なので、所要時間を最小限に抑えることもできるでしょう。

2.少しの変化も見逃さないような環境づくり

太陽光発電システムを取り付ける家庭が増えてきていますが、最近は投資の手段としても注目されています。より大規模な発電システムを広大な敷地に用意することで、不動産としての価値が低い土地でも、安定した収益を得ることができる例も挙げられています。 太陽電池の発電量は様々な条件で変化するので、測定器を使った計測を専門としたサービスを利用して発電量をチェックすることが重要です。時には予期せぬトラブルを即座に発見することにも役立ちます。太陽電池の発電量は当然どれだけ太陽の光を受けることができたかで変わります。 天候による変化はもちろんですが、近くに障害物があって日陰ができたり、固定器具が外れて角度が変わったりと、様々な条件により発電量は変化します。 天候による変化は小さいものですが、設備に関するトラブルが起きた際は通常よりも大きく発電量が減ったり、発電量が減ったまま回復しないことがあるので、遠隔からの監視や、そうした過去の事例、データなどから、どのようなトラブルが起きたかを察知することができます。 また、発電量の低下は、発電システムの劣化によって引き起こされることもあります。太陽電池の寿命は、機器によって異なりますがおよそ20年といわれています。 寿命がくる前から徐々に発電量は低下する場合もあり、その他の機器の寿命はさらに短いこともあるので、機器の状態を監視するシステムを導入することも視野に入れておきましょう。 随時、部品の修理や交換が必要となる可能性もあるので、なるべく早急な対処ができるように定期的に設備の状態と発電量をチェックするようにし、少しの変化も見逃さないような環境づくりを考えていきましょう。

3.計測と監視などのモニタリングに関する知識

太陽光発電で得た電気は、電力会社に売却することができます。このいわゆる売電する制度を利用した投資は近年大きな注目を集めるようになっており、多くの企業が発電施設を建設してきました。 企業用として使っていない土地を使って、小規模ながらも太陽光発電に関する投資を始めている方も増えてきています。太陽光発電を使った投資は太陽電池の数や性能が大きく影響しますが、どんなに性能が良くても使い続ければゴミやホコリの付着による不具合が発生します。 そして、ごくわずかですが少しずつ劣化していくこともあるので、監視は重要です。変化にいち早く気付くためにも、計測と監視などのモニタリングに関する知識は十分に備えておきましょう。 太陽光発電システムを総合的に管理することにより、リアルタイムで発電量を確認しデータを解析することまでできます。 つまり、遠方に発電システムを設置したという方も、即座に情報をチェックすることが可能です。こうした情報は太陽電池の状態を把握する上でも役に立ち、先日と比べて急激に発電量が低下したり、低下した状態で改善される様子が無かったりと、何かの変化が出たときに即座に対応できるようになります。 太陽電池の寿命は機器にもより、あまりないケースですが初期不良などが原因で不具合が起きることもあります。導入時や導入前には不明な点をあらかじめ相談しておきましょう。
 ↳太陽光発電コラム一覧へ
工場・倉庫などの屋根を有効活用で【優良資産】に 有休地や空き地を有効活用で【優良資産】に
20年間安定した【収益確保】の産業用太陽光発電 広い土地を是非【買います!】【借ります!】
土地付き太陽光発電【高利回り】物件情報はこちら 【売電収入最大化】を実現するO&Mサービス
企業間アライアンス・業務提携で【win win】の関係を 【御社様オリジナルの省エネプラン】を作成いたします