建物形状から省エネプランを探す

太陽光発電の監視カメラの重要性

太陽光発電を利用した投資は、比較的楽にできるといわれていますが、実際にはじめようとなると、いろいろな準備を済ませておかないといけないことが分かります。 特に発電システムを用意するためにかかる費用が大きいので、なるべく無駄なコストをかけずに発電システムを構築し、安定して利益を出せるようにする必要があります。 発電システムは様々なトラブルに巻き込まれる可能性もあります。万が一の事態も想定して、監視カメラなどの設備を準備しておくのもよいでしょう。
  • 目次

  • 1.監視カメラは万が一盗難被害対策

  • 2.監視カメラを用いてリアルタイムで情報を確認

  • 3.ソーラーパネルや電線などを盗まれて大きな損失

1.監視カメラは万が一盗難被害対策

太陽光発電を行うためには、ソーラーパネルを外に設置して、そこへ太陽光を取り込むことによって電気を作り出しますが、当然野ざらしになっている機器は、雨風を常に受け続けることになります。 外に設置するものですから、丈夫な作りにはなっていますが、時には台風などの災害によって、パネルに物がぶつかって割れてしまったり、取り付け用の台座が壊れて角度が曲がってしまったりと、発電量が下がる事態に陥ることも考えられます。 そんなときに監視カメラがあると、即座に異常を察知し、修理などの対応に移ることができるようになります。 太陽光発電にまつわるトラブルには、盗難などの犯罪も含まれています。 ソーラーパネルなどの機材は中古でも高値で取引されており、野ざらしに設置する場合は、監視する人がいないこともあって、盗難被害が相次いでいるといいます。 監視カメラは万が一盗難被害に遭ったときに、犯人の顔の画像など、証拠を集めるために役立ちますし、監視カメラがあることをアピールすることで、盗みに入りにくいという印象を持たせて、犯罪を未然に防ぐ効果も期待できます。少しでも安心して投資を行うためにも、事前の備えはきちんと済ませておくようにしましょう。

2.監視カメラを用いてリアルタイムで情報を確認

太陽光発電を利用した投資は、大規模であればあるほど、多くの機材が必要となります。特にソーラーパネルは、大量の発電量を確保するために、枚数を多くするだけでなく、設置する角度や表面の汚れを取り除いたりと、常に最高のコンディションを保てるようにする必要があります。 基本的には何もしなくても、十分な発電量を確保できると言われていますが、それもトラブルに遭わないことが前提で、時には予測できないトラブルに巻き込まれることもあります。 そうした事態を防ぐためにも、監視カメラを用意していち早くトラブルを察知できるようにしましょう。 太陽光発電システムの異常を察知するためには、監視カメラを用いてリアルタイムで情報を確認できる方法があります。 産業用太陽光発電システムは、遠隔地であることが多い為に、普段は足を運ばない場所に取り付けるケースが多く、災害などの予測ができないトラブルで異常が起きても、すぐに状態を確認することができず、異常の発見が遅れて損失が大きくなることがあります。 そんなときも、カメラからの情報を常にチェックできれば、そうした事態をすぐに察知できるでしょう。 太陽光発電システムの導入費用は、産業用のような大規模なものの場合、非常に多くの費用をかけなければなりません。 そのため必要最低限の機材だけを用意して、監視システムは削るという方もいるそうですが、万が一のことを意識するとしないとでは、いざというときの損失の差が非常に大きくなるので、長い期間をかけなければならない投資だからこそ、万が一の備えはきちんと用意するようにしましょう。

3.ソーラーパネルや電線などを盗まれて大きな損失

太陽光発電による投資は、何もしなくても安定した収入が得られるといわれています。最初の準備には手間をかける必要がありますが、それ以降は定期的な機材の点検を行う程度で、太陽さえ出れば収入が発生するのです。 なかなか投資のために時間をかけられないという方も、比較的挑戦しやすいかもしれません。しかし、ここで気をつけておきたいのが、発電システムを狙った泥棒で、ソーラーパネルや電線などを盗んで、大きな損失を生み出すことがあるのです。 そうした被害を防ぐためには、監視カメラを導入してみるのもよいでしょう。太陽光発電システムを狙った盗難は多く、発電システム自体が高値で売れるのはもちろん、産業用の発電システムは、広い土地を購入しやすい郊外に設置されることが多いため、周囲に人がおらず、簡単に盗み出すことができるといった環境もあるといわれています。 確かに自分の目で監視するのが難しい場所に置かれることが多いので、監視カメラのような防犯設備があると、万が一盗難被害に遭ったときも、すぐに犯人を特定することができるかもしれませんし、カメラがあると知られるだけで泥棒避けにもなるでしょう。 最近は監視カメラの性能も進化し、安くても十分に高画質な動画を保存することができたり、録画された情報をパソコンなどに送ったりもできるようになっています。 防犯設備を用意するためには当然お金がかかりますが、それだけのリターンは確実に得られるので、安定した収入を得るためにも、万が一の備えはきちんと用意しておくようにしましょう。 泥棒もそうですが、いたずらで機材を壊されたり、初期不良による故障などのトラブルを知る上でも、画像や動画といった証拠は役立ってくれるでしょう。
 ↳太陽光発電コラム一覧へ
工場・倉庫などの屋根を有効活用で【優良資産】に 有休地や空き地を有効活用で【優良資産】に
20年間安定した【収益確保】の産業用太陽光発電 広い土地を是非【買います!】【借ります!】
土地付き太陽光発電【高利回り】物件情報はこちら 【売電収入最大化】を実現するO&Mサービス
企業間アライアンス・業務提携で【win win】の関係を 【御社様オリジナルの省エネプラン】を作成いたします