建物形状から省エネプランを探す

太陽光発電を利用した投資が人気

太陽光発電を利用した投資が人気を呼んでいます。安定した利益を生むためには、発電効率を可能な限り高め、その状態を維持することが重要となってきます。 そのためには発電システムの構築から考える必要があり、特にストリングの構成には気を配らなければなりません。
  • 目次

  • 1.発電効率が下がる可能性

  • 2.システムに何らかの異常が起きた際

  • 3.ソーラーパネルの初期不良や災害など

1.発電効率が下がる可能性

最初の設計の段階で発電効率が下がる可能性もあるので、なるべく慎重に計画を進めると共に、稼動した後のトラブルにも即座に対応できるよう、事前に準備を重ねるようにしましょう。 太陽光発電システムは、複数の機材の組み合わせで構築されています。ストリングはソーラーパネルを直列で繋いだモジュールを、更に並列で繋げたものを指し、大規模な発電システムは複数のストリングが組み合わさる形で作られます。 この構成は発電システムのメーカーなどによって、適正枚数が決まっているのですが、設計段階で無理にパネルの枚数を増減したりすると、出力のロスにつながり、最終的には発電量が減少する恐れが出てきます。 太陽光発電システムの発電量を常に多いものにするためには、設置したシステムの構成に問題が起きていないか常に確認する必要があります。 例えばソーラーパネルが一枚破損していた場合、その一枚だけでなく、接続されている他のパネルなど悪影響が出ることもあるので、問題が出た時点ですぐに問題点を見つけ、解消する必要が出てきます。 その為の監視システムもあわせて用意するようにしましょう。そのほかにも盗難防止などの防犯設備や、周辺環境による発電量の増減など、用意するべきことや、チェックしなければならない情報がたくさんあるので、確実に利益を出すためにも、準備期間は十分に用意しましょう。

2.システムに何らかの異常が起きた際

最近は企業が電力事業を新たに始めるようになっています。大規模な太陽光発電施設を建設するなど、色々な話題が取り上げられていますが、中には個人で発電システムを設置したという方も多く、使っていない土地を使った投資の方法として注目されています。 常に安定した利益を出すためには、システム全体に問題が無いか確かめなければなりませんが、場合によっては設計段階で問題が起きている可能性があります。 太陽光発電システムは、規模の違いこそありますが、ソーラーパネルの構成によって発電量が変わってきます。 枚数が増えれば発電量は増えますが、その際複数のパネルを繋ぎ合わせる際、どのようにつなげるかで出力のロスがどれだけ出るか変わってきます。 ストリングは、複数のソーラーパネルを繋げたもので、ストリングが適正なものでないと、理想的な発電量を確保することは出来ません。 設計段階で土地の大きさに合わないなどの理由から、無理に構成を変えてしまうと、発電量が減少する恐れがあるので注意が必要です。 本来想定されている発電量を確保できているかどうかは、設置前のシミュレーションなどで確認することが出来ます。事前に多くの情報を集めて、最も理想的な発電効率を持つ構成を用意しておけば、問題なく利益を生み出せる発電システムが用意できるでしょう。 更に設置した後も、システムに何らかの異常が起きた際は、ストリングのどこかに問題が起きていないかチェックするなど、重要な箇所を重点的に確認して、即座に問題に対応できるようにすれば、長期にわたって安定した成果を上げる事ができるでしょう。

3.ソーラーパネルの初期不良や災害など

産業用太陽光発電システムを投資に使うという方は増えていますが、安定して利益を出し続けるためには、定期的に発電量などをチェックしておく必要があります。 設置さえすれば、後は放置しておいても収入が入ると思われがちですが、実際にはソーラーパネルの初期不良や、災害などによる想定されていない破損などが起きる可能性もあり、気付かないうちに発電量が低下していることもあり、メンテナンスが必要になります。 当然放置すればするほど損失は大きくなるので、被害を最小限に抑えるためにも、監視システムなどを導入する必要があります。 太陽光発電システムの監視システムは、リアルタイムでどの程度の発電を行っているか確認し、発電システムの構成に問題が起きていないか確認することが出来ます。 例えばソーラーパネルを複数繋げたストリングは、一部のパネルに異常が出た段階で、周辺のパネルにも影響が出ることがあり、問題が起きた部分を早めに修理したり交換したりしないと、発電量が大きく低下する恐れもあります。 太陽光発電による投資は、機材の状態維持がとにかく重要です。パネルを磨くなどの雑用なら自分でも何とかできるでしょうが、本格的なパーツ交換や修理などは専門家に任せなければならないことも多く、損失を抑えるためには、異常が出た段階ですぐに行動できるようにするしかありません。 そのためにも監視システムの存在は非常に重要で、情報をリアルタイムで送ることが出来るなど、優れた機能を持つものが求められるので、システムを構築する段階で、監視システムのための予算の余裕は作っておくべきでしょう。
 ↳太陽光発電コラム一覧へ
工場・倉庫などの屋根を有効活用で【優良資産】に 有休地や空き地を有効活用で【優良資産】に
20年間安定した【収益確保】の産業用太陽光発電 広い土地を是非【買います!】【借ります!】
土地付き太陽光発電【高利回り】物件情報はこちら 【売電収入最大化】を実現するO&Mサービス
企業間アライアンス・業務提携で【win win】の関係を 【御社様オリジナルの省エネプラン】を作成いたします