建物形状から省エネプランを探す

太陽光発電を集合住宅に取り付けて付加価値

手元の不動産を利用して収入を得る方法は色々ありますが、近年注目を集めているのが太陽光発電を利用した投資です。一般家屋に設置されるものよりも大規模な発電システムを設置することで、収入を得ることができます。 また、店舗などの建物に設置することで、別の投資を行ったり、集合住宅に取り付けて付加価値を高めたりと、工夫次第で色々な方法を行えるのも魅力の一つです。 多くの利益を得るためには設置する場所も重要になるため、しっかりシミュレーションを行いましょう。
  • 目次

  • 1.周囲の建物の影などの分析

  • 2.メンテナンスや修繕費用が必要

  • 3.損失を生むきっかけを防ぐ

1.周囲の建物の影などの分析

太陽光発電のシミュレーションは、発電システムを設置する際、どの程度の発電量を確保することができるのかを調べることができます。 発電システムを取り付ける際、ソーラーパネルの近くに建物があったり、山などがあったりと、何かしらの原因で日陰ができて、発電量が低下することがあるので、実際に設置する前には、発電に邪魔なものが存在しないか調査をして、少しでも多くの発電量を確保できる場所を探しましょう。 調査結果を参考に、取り付け場所を変更したり、パネルに角度をつけたりといった対策を練ることで、より多くの発電量を確保することができるはずです。 太陽光発電のシミュレーションでは、実際導入した場合の発電量に加えて、反射光を推定する等の調査をすることができます。 発電システムの近くに住居がある場合は、周囲の建物の影などの分析を行ったり、ソーラーパネルの反射光が当たる可能性があるので、そうした事態が起きないかどうか周囲への影響を確認したいときに役立ちます。 パネルからの反射光は非常に強く、室温が上がったり、目を開けていられない状態になったりと、生活に支障が出る可能性もあるので、周辺に迷惑がかからない設置場所を検討するためにも、シミュレーションを行いましょう。

2.メンテナンスや修繕費用が必要

広いスペースを利用して設置を考える場合、どのような方法を利用するかで、今後の利益の出方や投資の手間に差が出てきます。 太陽光発電は比較的楽に収入を得られることで注目されており、ソーラーパネルなどの発電施設を設置できるスペースさえあれば、発電した電気を売って収入を得ることができます。 当然利益が出る額は発電量によって決まりますが、より多くの発電量を確保するためにも、シミュレーションを有効活用しましょう。 太陽光発電のシミュレーションでは、設置する場所を想定して、周辺環境を加味した発電量を予測します。 例えばソーラーパネルを設置する角度が少し違うだけでも、日中に太陽光を受けられる時間は大きく変わりますし、近くに障害物があり、日陰ができてしまう場合は、設置したパネルの枚数に対して、それほど多くの発電量を得られず、導入費用を回収することも困難になることがあります。 さらに、発電システムの寿命も考えると、さらにメンテナンスや修繕費用が必要となり、ますます損失が大きくなってしまうので、そうした事態を防ぐためにも、事前の確認は怠らないようにするべきです。 シミュレーションの結果次第では、投資の方針についても考え直す必要があります。 例えば、設置するパネルの位置を変更したり、角度を調整したりといった方法で発電量を増やすことができることもありますし、周辺に障害物が多い場合は、取り除ける範囲で障害物を取り除くなどの対策も行えるでしょう。 太陽光発電による投資に挑戦したいという方は積極的に情報収集を行い、より多くの利益を得られる方法を考えてみてください。

3.損失を生むきっかけを防ぐ

不動産を利用した投資の方法として、近年注目を集めているのが太陽光発電で、大規模な発電施設を設置することで多くの電気を売却することができます。 そうすると気になってくるのが周辺の環境で、住宅街などが周辺にある際は、反射光について気を配る必要があります。 投資を行うとなると、やはり発電量のほうが気になってしまうかと思われますが、ソーラーパネルからの反射光が近隣住民との間にトラブルを生み、訴訟に発展したケースもあるので、事前の備えとしてシミュレーションで反射光の被害が出ないか確認をしておきましょう。 太陽光発電のシミュレーションでは、発電システムを設置する場所でどれだけ発電量が出るかを調べることができますが、さらに情報を集めることで、反射光がどの程度出るかを調べることができます。 ソーラーパネルを設置した角度によっては、周辺の住宅などに反射光が当たる恐れがあり、もしそうなると、室内の温度が急激に上昇するなど、生活に支障が出ることがあります。 過去には、他の家のソーラーパネルの反射光が室内に当たるとして裁判がおき、結果としてパネルの撤去が命じられたこともあるので、周辺に迷惑が出ないように注意が必要です。 太陽光発電のシミュレーションを利用することは、どれだけ利益を出すことが出来るかだけでなく、損失を生むきっかけを防ぐことにもつながります。 パネルの設置数が減るくらいならまだいいのですが、被害にあった方に裁判を起こされると、お金の損失はもちろん、企業で投資のために設置していた場合は、会社全体の信頼問題に発展することもありえます。 取り返しの付かない事態に陥らないようにするためにも、事前の調査はしっかり行っておきましょう。
 ↳太陽光発電コラム一覧へ
工場・倉庫などの屋根を有効活用で【優良資産】に 有休地や空き地を有効活用で【優良資産】に
20年間安定した【収益確保】の産業用太陽光発電 広い土地を是非【買います!】【借ります!】
土地付き太陽光発電【高利回り】物件情報はこちら 【売電収入最大化】を実現するO&Mサービス
企業間アライアンス・業務提携で【win win】の関係を 【御社様オリジナルの省エネプラン】を作成いたします