建物形状から省エネプランを探す

太陽光発電によって得られる利益

機材のメンテナンスもほとんど必要がないので、本業に時間が取られがちであり、副業や投資に時間をかけることが出来ないという方も、余裕を持って投資を行うことが可能です。 ただし、陽が差さない場所に発電システムを設置しても当然利益は得られないので、どの程度の利益が出そうなのか、まず周辺環境を確認してみましょう。

目次

1.大きな損失を生むトラブルに遭う可能性

2.発電量が減ってしまう場所

3.発電量を確保できる場所にソーラーパネル

1.大きな損失を生むトラブルに遭う可能性

太陽光発電によってどれだけの利益が得られるか調べたいときには、専門のシミュレーションを利用することがおすすめです。シミュレーションでは、設置する場所に関する情報を集め、仮に発電システムを設置した場合にどの程度の間発電をすることが出来るのかを調べることができます。 その際に得られる情報としては、利用するシミュレーションによっても異なりますが、単純な発電量はもちろん、周辺の建物などの障害物によりどの程度光が遮られるかが分かり、またパネルからの反射光がどう現れ、どこに当たるかについても調べることができます。 太陽光発電による投資は、一度設置をしてしまえばしばらくは何もしなくても問題はありませんが、周辺環境の変化で簡単に発電量が変わってしまうという欠点があります。 そのため、情報不足のまま発電システムを設置して、日陰が長時間できることに設置し終わったあと気付くなど、大きな損失を生むトラブルに遭う可能性もゼロではありません。 確実に利益を生むためにも、シミュレーションを利用し、導入した際には、発電量ばかりに注目するのではなく、周辺環境にも厳しく目を光らせるようにしましょう。

2.発電量が減ってしまう場所

不動産投資として新たに注目されている太陽光発電を利用した投資は、発電システムを設置するだけで投資ができると言われていますが、いくら簡単だからといっても、誰でも確実に望んだ利益を得られるとは限りません。 ちょっとした環境の変化や条件の変化で大きく利益が減る可能性も考えられますので、本当にそこに発電システムを設置してよいかどうか、 シミュレーションを参考にして情報を集めてみましょう。 太陽光発電システムを取り付ける際には、周辺環境を詳しく調べることが大切です。 例えばソーラーパネルを設置する予定の場所に、他の建物や木などで作られた影が出来ている場合は、その場所に取り付けたソーラーパネルの発電量は大きく低下します。 さらに障害物が無い場所でも、パネルを取り付ける方角によっては発電量に大きな差が出ます。 このように、無計画に取り付けを行ってしまうと、十分な発電量を発揮することが出来なくなります。そのような時にはシミュレーションを使うと、発電量が減ってしまう場所などを事前に調べることができるので、大変便利です。 取り付け業者などの意見も参考に、まずはシミュレーションを利用してみましょう。 太陽光発電は一見すると簡単な投資に見えますが、いざ始めてみると、発電システムの取り付け費用がかかりますし、ちょっとした条件で発電量が大きく変わるので、事前の準備をしっかり進めておかなければ、思った以上の成果を上げることは難しくなっています。

3.発電量を確保できる場所にソーラーパネル

太陽光発電というと、家の屋根に取り付ける小型のものを思い浮かべる方もいるかと思われますが、最近は産業用の大きな発電システムを所有している不動産に設置して、定期的に売電で収入を得るという方も増えています。 一度取り付けるとほとんど手を加えなくても発電を続けることが出来るので、挑戦しやすい投資とも言われていますが、何も考えずに設置するだけでは、十分な成果は得られません。 よりよい結果を生むためにも、シミュレーションなどを活用して発電量を増やしましょう。 太陽光発電システムを使用する際には、当然より発電量を確保できる場所に、ソーラーパネルを設置する必要があります。 しかし一番陽の当たる場所がどこかというのは把握しづらいものなので、事前にシミュレーションを行って詳しい情報を集めます。 設置する場所や周辺の地形、障害物の有無などの情報を入力することで、仮に発電システムを設置した際に、どの程度の発電量を確保することができるか調べることができます。 いくつかのパターンを試して、どこに設置をすれば一番発電量を確保できるのか確認をしましょう。 太陽光発電は天候はもちろんですが、周辺環境の変化でもたやすく発電量が変化します。 そのため設置する場所は長期間環境の変化が現れづらく、障害物が無い場所が理想的です。それでも取り付ける方角などによっては発電量が変化するので、かなり細かい条件をクリアしなければ十分な発電量を得られない可能性があります。 そのため正確な情報を集められるシミュレーションが行えると、それだけでより良い結果を生める可能性が高くなります。できる限り多くの情報を集められるよう、準備期間を長く確保するようにしましょう。
 ↳太陽光発電コラム一覧へ
工場・倉庫などの屋根を有効活用で【優良資産】に 有休地や空き地を有効活用で【優良資産】に
20年間安定した【収益確保】の産業用太陽光発電 広い土地を是非【買います!】【借ります!】
土地付き太陽光発電【高利回り】物件情報はこちら 【売電収入最大化】を実現するO&Mサービス
企業間アライアンス・業務提携で【win win】の関係を 【御社様オリジナルの省エネプラン】を作成いたします