建物形状から省エネプランを探す

産業用太陽光発電で訴訟問題に発展

大規模な発電システムを設置することで、後は放置しても収益が入るということで、多くの企業や個人が発電施設を建設しています。 個人レベルでも十分挑戦できますが、やはり規模が大きくなると周辺に何かしらの影響を及ぼすことも多いので、投資に成功するためにもシュミレーションを積極的に活用し、問題なく収益を得られるかどうか調べるようにしましょう。
  • 目次

  • 1.設置を検討している土地の特徴を知るためにも必ずチェック

  • 2.太陽光発電でどれだけの利益を得ることが出来るか

  • 3.発電システムの撤去命令が下された例

1.設置を検討している土地の特徴を知るためにも必ずチェック

産業用や家庭用を問わず、太陽光発電システムはどのようにソーラーパネルを設置するかが重要です。例えば方角が違うだけでも受けられる太陽光の量が変わってきますし、周辺に障害物があり日陰が出来てしまうと、発電量はより少なくなってしまいます。 そうした周辺環境による変化をシュミレーションで前もって確認しておくことで、どこが一番多く発電量を確保できるか調べることが出来ます。 更に設置する環境により、使用する発電システムのメーカーを変えることで、発電量を増やしたり機材の寿命を延ばすことが出来る場合もあるので、設置を検討している土地の特徴を知るためにも、必ずチェックするようにしましょう。 さらに、産業用太陽光発電システムを設置する際は、周辺のトラブルにも気を使う必要があります。ソーラーパネルが設置された場所によっては、周辺に反射光が届いてしまうことがあり、それが原因で光が当たる場所の室温が上がったり、眩しくて生活に支障が出ることもあります。 そうなると訴訟問題に発展することもありえるので、シュミレーションを利用して、どの程度の反射光が出るのか確認した上で、問題なく発電システムを設置することが出来るかどうか確認してみましょう。

2.太陽光発電でどれだけの利益を得ることが出来るか

産業用太陽光発電システムは家庭用よりも大規模な発電システムで、より多くのソーラーパネルを設置することで発電量を更に増やすことが出来ます。最近は使っていない不動産を活かすことが出来る投資として注目されている他、マンションなどの住宅に取り付けて、新しい付加価値を生む材料としても使われています。 発電量を増やし、より多くの収入を得るためには発電量が少しでも多くなるようなシステムを構築する必要がありますが、そうした情報を調べたいときには、専用のシュミレーションを使用すると便利です。 産業用太陽光発電システムは、設置する場所が広大で、どのようにソーラーパネルなどの機材を設置するかが重要になってきます。 近くに建物などの障害物がある場合、日陰がある場所に大量にパネルを取り付けるよりも、多少枚数を減らしてでも日陰を避け、日向のところに少しでも多くのパネルを設置したほうが、無駄なコストを抑えて、より多くの発電量を確保できることもあります。 そうした情報を知る上でシュミレーションは非常に役立つので、より多くの発電量を確保出来そうな場所を探しましょう。 産業用太陽光発電のシュミレーションは、専門の業者が提供してくれることが多く、見積もり前に設置する場所の基本的な情報を入力することで、大まかではありますが、大体の発電量を把握することが出来ます。 それから更に条件を絞りこんだり、太陽光発電でどれだけの利益を得ることが出来るか知ることが出来るでしょう。情報不足のまま行動してしまうと、せっかくのチャンスを失うこともあるので、少しでも利益が出そうな方法が無いか時間をかけて情報収集しましょう。

3.発電システムの撤去命令が下された例

売電による投資は一般家庭でも行っている方が増えていますが、より多くの利益を得るためには発電システムの規模を大きくする必要があります。 いわゆる産業用太陽光発電システムは、単純にソーラーパネルの枚数が多かったり、様々な理由でより多くの発電量を確保することができ、利益もより大きなものになります。 もちろん規模は大きいことに越したことはありませんが、それが原因でトラブルを起こすケースも少なくないので、そうなる前にシュミレーションで問題が無いか確認してみましょう。 産業用太陽光発電システムは、少なからずトラブルを起こす原因になる可能性があります。その理由の一つが、ソーラーパネルからの光の反射が原因で、周辺の建物の室温が急激に上昇したり、強い光が常に部屋に入り込んだりと、日中そこで過ごす方の生活に支障をきたす可能性があります。 過去には裁判が行われ、発電システムの撤去命令が下された例もあります。 そうした経験を経て、現在は少しでも周辺とのトラブルを起こさないようにシュミレーションで、仮に設置した際に発生する反射光をテストし、周辺に迷惑をかけないか確認します。 また、条例なので義務付けられている場所もあります。せっかくの利益を得ることが出来るチャンスも、裁判を起こされたり、撤去が命じられたりと、思いも寄らないトラブルで失速することがあります。 産業用太陽光発電にしても、簡単そうに見えて想像以上に気を使うことが多いので、いざ投資を始めた途端にトラブルが発生するような事態を防ぐために、シュミレーションは必ず何回も行って、より多くの利益を出しつつ、回りに迷惑をかけないシステムの構築を目指しましょう。
 ↳太陽光発電コラム一覧へ
工場・倉庫などの屋根を有効活用で【優良資産】に 有休地や空き地を有効活用で【優良資産】に
20年間安定した【収益確保】の産業用太陽光発電 広い土地を是非【買います!】【借ります!】
土地付き太陽光発電【高利回り】物件情報はこちら 【売電収入最大化】を実現するO&Mサービス
企業間アライアンス・業務提携で【win win】の関係を 【御社様オリジナルの省エネプラン】を作成いたします