建物形状から省エネプランを探す

太陽光発電の売電制度を利用して収入を得る

売電制度を利用して収入を得る場合、安定した発電量をキープする必要がありますが、発電量が変わる要因は多く、時には異常に気付かないまましばらく過ごしてしまい、大きな損失を生んでしまうこともあるので、異常をすぐに見つけるためにも、監視用の設備を用意しておきましょう。 太陽光発電の発電量は、日陰ができたりソーラーパネルが壊れたりと、さまざまな理由で減少します。原因によっては修理などで改善できることもあるので、発電量は常にチェックして、目に見えて減少が見られたときは点検などを行いましょう。
  • 目次

  • 1.過去のデータも簡単に参照する

  • 2.急激な発電量の減少が見られたときはすぐに点検

  • 3.盗難被害をなくすことも重要

1.過去のデータも簡単に参照する

専用の監視システムを使うことで、一日の発電量はもちろん、過去のデータも簡単に参照することが可能になるので、定期的に発電量を確認して、変化が起きたときにはすぐに対処しましょう。 さらに発電システム全体の異常もチェックすることができるので、発電量が減っていたときには、機器に異常が起きていないかどうかも確認してください。 メガソーラーによる発電も、一般家庭で使われる太陽光発電も、基本的に気をつけるべき点は変わりません。 毎日の発電量をチェックし、問題があれば機器の状態を確認するという基本を守るだけで、大きな損失が生まれる可能性を最小限に抑えることができます。 最近は監視システムの性能も向上しており、インターネット経由で情報をリアルタイムで確認できたり、発電システムの構成を元に、問題点がどこにあるかを具体的に示したりと、より詳しい情報をすぐに集められるようになっているので、大きな損失を生まないためにも、きちんと情報を集める準備をしておきましょう。

2.急激な発電量の減少が見られたときはすぐに点検

太陽光発電を利用した投資は、大規模なものになると、メガソーラーと呼ばれる大きな発電システムを構築し、広大な土地に大量のソーラーパネルを取り付けるなど、かなりの費用をかけることがあります。 その分発電量が低下したときの損失は大きくなりますが、問題が起きた時に備えて常に監視しておくことで、被害が出たとしても、その影響を最小限に抑えることができます。監視システムの性能も向上しているので、トラブルが起きないか日々チェックして、安心して利益が出せる投資を目指しましょう。 太陽光発電を利用した投資を成功させるためにも、定期的な発電システムのチェックは欠かせません。最近はメガソーラーにも使える管理システムが開発されており、非常に多くの情報をチェックすることができます。 例えば発電量は、毎日の利益を確認するだけでなく、増減で異常が起きていないか判断することもできますし、急激な発電量の減少が見られたときは、すぐに点検や修理を依頼することも可能です。 ネット経由でリアルタイムの情報をチェックすることができるものも多いので、常に新しい情報を集めたいという方にもオススメです。 メガソーラーは広大な土地が必要な関係上、自分で管理するのは難しい場所に設置されることが多いです。 そのため月々の売電の成果を確認だけして、発電施設の情報もチェックしないという方も多いので、気付かないうちに発電システムが故障し、想定されていた発電量を達成できていなかったときには、驚くほど大きな損失につながることもあります。 そうした事態を起こさないためにも、定期的に情報収集を行い、少しでも不安な点が見られたときは、自分で様子を見たり、専門家に相談してみましょう。

3.盗難被害をなくすことも重要

メガソーラーとは、大規模な太陽光発電システムのことで、多くの企業が事業の一環として太陽光発電施設を建設しています。 個人でも大量の電気を発電できる施設を用意することはできますが、投資としての成功を収めるためには、常に安定した収入を得られる環境づくりを意識することが大切です。 時には予測も付かない事態に巻き込まれることもあるので、万が一のためにも、発電システムの状態をいつでも監視できる準備をしておきましょう。 メガソーラーに限らず、太陽光発電システムを使った投資は、予測も付かないトラブルに巻き込まれがちです。 最近多いのがソーラーパネルや電線の盗難で、郊外に置かれることが多い大規模な発電システムは、簡単にソーラーパネルや電線などが盗めることから、多くの被害が報告されています。 そうしたトラブルを防ぐためにも、専用の監視カメラを施設内に用意するなど、常に施設の状態を監視し、問題が起きていないかチェックすることで、万が一被害に遭ったときに犯人を見つけやすくなりますし、カメラの存在自体が犯罪の抑止力にもつながります。 太陽光発電システムに関する情報は、発電量などのデータももちろんですが、現地の様子についてもきちんと集めておいたほうがいいでしょう。 盗難被害をなくすことも重要ですが、周辺に新しい建物が建って日陰ができたり、災害の影響でパネルの固定位置がずれたりと、他にも様々なトラブルに遭う可能性を持っているので、そうした事態にすぐに対処できるように、監視カメラなどの周辺情報をチェックできる設備を用意しておきましょう。
 ↳太陽光発電コラム一覧へ
工場・倉庫などの屋根を有効活用で【優良資産】に 有休地や空き地を有効活用で【優良資産】に
20年間安定した【収益確保】の産業用太陽光発電 広い土地を是非【買います!】【借ります!】
土地付き太陽光発電【高利回り】物件情報はこちら 【売電収入最大化】を実現するO&Mサービス
企業間アライアンス・業務提携で【win win】の関係を 【御社様オリジナルの省エネプラン】を作成いたします