建物形状から省エネプランを探す

太陽光発電は思わぬ損失を生むことも考えられる

太陽光発電は昼間に使う電力を賄うだけでなく、電力会社に売却して利益を出すこともできます。本格的な投資として太陽光発電を利用する方も多く、いわゆるメガソーラーという巨大な発電システムを設置することによって大量の電気を生み出し、大きな利益を得ています。 ただし、太陽光発電はふとした拍子に発電量が低下し、思わぬ損失を生むことも考えられます。そのため、即座に問題に対応できるように、何かしらの監視システムを用意しておく必要があります。設備投資にかかる費用は増えてしまいますが、リスク軽減のためにもどのようなものがあるのかチェックをしておきましょう。
  • 目次

  • 1.遠方に設置されていることが多い発電システム

  • 2.太陽光発電の投資にチャレンジ

  • 3.太陽光発電を利用した投資に挑戦

1.遠方に設置されていることが多い発電システム

メガソーラーに使われている監視システムには、様々な機能が搭載されています。 例えば異常が発生したときにはすぐに連絡が行くよう、インターネット回線を利用して情報が伝えられるようになっています。 よって、遠方に設置されていることが多い発電システムでも、すぐに異常を察知して、様子を見に行ったり作業員を派遣したりすることができます。 最近は携帯端末で情報を監視し、まとまったデータをPCで管理して、発電量の推移などを確認するといった具合に、送られてきた情報を元に将来起きる可能性がある問題を防ぐことにも役立てられています。 さらに規模が大きいメガソーラーの場合は、どこに異常があるのか分かりにくいものですが、専用の監視システムを用意しておけば、具体的にどこに異常が出ているか簡単に把握できるようになります。 例えば一部のソーラーパネルの稼働率が低下していたり、前日と比べて発電量が低下していたりすることが発見でき、24時間常に情報を確認することで、どこに問題が起きているのかを即座に調べることができます。 その他にも様々な機能が搭載されており、大きなトラブルが起きる前に問題を予防したり、万が一トラブルが起きたときにも即座に解決手段を考えたりすることができるようになります。

2.太陽光発電の投資にチャレンジ

太陽光発電を使った投資は、個人レベルでもかなりの規模で行うことが可能です。広大な土地に大量のソーラーパネルを並べ、より多くの電力を発電できる設備を導入したメガソーラーは、より多くの利益を生みたいときに役立ってくれますが、規模が大きくなるにつれ管理が難しくなり、設置できる場所も限られてしまうのもまた事実です。 そうなると自分の目で確認できる機会も少なくなり、自分以外に管理する人がいなければ何か大きなトラブルが起きてもなかなか気付くことができなくなってしまいます。これは、大きな損失を生んでしまうことに繋がりかねません。そんな時のためにも、常に情報をチェックできる監視システムを用意しておきましょう。 メガソーラーに使われている監視システムは、設置された設備の状態を常にチェックしており、システムの異常が発生していないか、日中にどれだけの発電量が出たのかなど、きちんと本来の性能を発揮していたかどうかを確認するために使われます。 万が一トラブルが起きた際は、問題が起きた箇所を特定しメールなどで伝えるようになっていますが、それらの情報を伝えるために、インターネット回線を利用して、手元の携帯端末に連絡する機能が付いているものが増えています。 即座に情報を送ってくれるおかげで、問題が起きたときもすぐに駆けつけることができますし、問題の特定もその場で行えます。 このように、メガソーラー用の監視システムがあれば、即座に問題点を確認し、問題が起きた瞬間から対策に乗り出すことができます。 最近は機能が充実したおかげで、より簡単に発電システムを管理できるようになっており、即座に情報を知ることで、損失が大きくなるのを食い止めることができるようになっています。太陽光発電の投資にチャレンジする際は、必ず監視のための手段も用意しておきましょう。

3.太陽光発電を利用した投資に挑戦

投資を行ううえで最も大切なことは、利益を増やし、損失を減らすことです。いくら利益を増やすことができても、損失が大きければ大きいほど意味が無くなるので、損失を減らすための方法もきちんと考えておく必要があります。 最近は太陽光発電を利用した投資に挑戦する方が増えており、より多くの電気がつくれるメガソーラーと呼ばれる発電施設を用意して、大きな利益を出している方もいます。 こうした大規模な施設を問題なく稼動させるためには、問題が起きたときにすぐに対処できるよう、専用の監視システムを用意することが大切です。 太陽光発電システムは、ソーラーパネルやパワーコンディショナー、変圧器などの機器がきちんと動いて初めてきちんと発電することができるようになります。 もしどれか一つにでも異常が起きれば、求められる発電量を確保することができなくなるため、即座に問題点を発見し、修復できるようにしなければなりません。 メガソーラーに使われている監視システムを使うと、異常が発生している箇所を即座に確認することができるので、仮に問題が起きても、すぐに修理や点検のために人を呼ぶことができます。 メガソーラーといっても、中には個人で管理できるレベルのものもあり、そうした設備は自分しか管理する人がいないことも多いため、異常が起きても発見が遅れることが多くなってしまいます。 さらに発電システムの修理や点検は専門家でなければ難しいので、素人ではどこに異常が起きたか伝えることが困難であり、調査のための時間が必要となるとその分損失が増えていきます。監視システムがあれば、異常のある場所がすぐに分かるようになるので、損失を最小限に抑えることができるでしょう。
 ↳太陽光発電コラム一覧へ
工場・倉庫などの屋根を有効活用で【優良資産】に 有休地や空き地を有効活用で【優良資産】に
20年間安定した【収益確保】の産業用太陽光発電 広い土地を是非【買います!】【借ります!】
土地付き太陽光発電【高利回り】物件情報はこちら 【売電収入最大化】を実現するO&Mサービス
企業間アライアンス・業務提携で【win win】の関係を 【御社様オリジナルの省エネプラン】を作成いたします