建物形状から省エネプランを探す

太陽光発電と遊休地を利用した投資

太陽光発電は、比較的容易に導入できる再生可能エネルギーを用いた発電システムと言われています。そのため一般家庭でも太陽光発電を導入する方が増えていますが、より大規模な産業用太陽光発電を導入するために、使用されていない遊休地を利用した投資も行われています。 太陽光発電を用いた投資はソーラーパネルを何枚も設置して、少しでも多くの発電量を確保する必要がありますが、その際どのように設置するかで発電量が変わってくるので、より多くの発電量を確保できるようにシミュレーションを活用しましょう。
  • 目次

  • 1.ソーラーパネルやパワーコンディショナー

  • 2.設置予定場所の気象データを集める

1.ソーラーパネルやパワーコンディショナー

太陽光発電のシミュレーションでは、設置した場所などに応じてどの程度の発電量を確保することができるか調査します。 例えば設置する場所によって、障害物で日陰ができたり、設置する土地の天候が激しく変化する場所だったり、日照時間が時期によって大きく変動する場所だったりと、周辺環境の違いで発電量は大きく変わります。 まずは候補地をいくつか用意し、それらの中から一番安定して、発電量を多く確保できると思われる場所に設置を検討してみましょう。場所によっては取り付け位置や角度の変更などで、さらに発電量を増やすことができる場合もあるので、そうした調査も合わせて行ったほうがよいでしょう。 太陽光発電の発電量が変わる要因は、他にもたくさんあります。システムの構成も大きく影響するポイントの一つで、ソーラーパネルやパワーコンディショナー、変圧器といった、発電システムを構成する機器がどのように組み合わさってシステムが構築されているかでも、発電量が変動することがあるので、何度もシミュレーションを繰り返して、最も効率よく発電できるシステム構築を目指しましょう。 投資を成功させるには、少しでも多くの情報を集め、有利な条件を作り出すことが重要なので、何もしなくていいと思われがちな太陽光発電の投資ですが、十分な準備期間をとり、より多くの利益を出す方法を考えましょう。

2.設置予定場所の気象データを集める

太陽光発電を利用した投資は、最初に準備を行うだけで、後は黙っていても収入を得られると言われています。そのおかげで簡単な投資と考える方も多いですが、逆に言えば準備期間に手を抜くと、それだけ利益を得られる可能性は少なくなります。 太陽光発電による投資は、発電量をどれだけ確保できるかが重要となりますが、太陽光から電気を作るソーラーパネルは、周辺環境で大きく発電量が増減するので、最初に設置する段階で、最も発電量を確保できる場所を探さなければなりません。 太陽光発電システムで多くの発電量を確保するためには、シミュレーションで発電量を多く確保できそうな場所を探す必要があります。 シミュレーションで調べられる内容は色々とありますが、中でも気象情報は重要な情報といわれており、設置予定場所の気象データを集めることで、その土地がどれだけ太陽が当たる場所なのかを調べることができます。 更に緯度経度による日照時間の変化もデータとして調査するので、いい場所だと思っていても、日照時間や気候の関係で、大きな発電量を確保できないと判明する場合もあります。 気象データによる発電量の変化は、発電所の規模に関係なく年間の収益に大きく影響します。 当然晴れが多く、日照時間も長い場所のほうが発電量を確保できるでしょうが、そのほかにも寒暖差や台風などの災害の起こりやすさなど、チェックしておきたいポイントは数多くあるので、産業用太陽光発電で投資を考えているという方も、まずは設置予定場所の気象データを元にシミュレーションしてみて、納得がいく発電量を確保できるかどうか確認するようにしましょう。
 ↳太陽光発電コラム一覧へ
工場・倉庫などの屋根を有効活用で【優良資産】に 有休地や空き地を有効活用で【優良資産】に
20年間安定した【収益確保】の産業用太陽光発電 広い土地を是非【買います!】【借ります!】
土地付き太陽光発電【高利回り】物件情報はこちら 【売電収入最大化】を実現するO&Mサービス
企業間アライアンス・業務提携で【win win】の関係を 【御社様オリジナルの省エネプラン】を作成いたします