建物形状から省エネプランを探す

太陽光発電で営業利益の向上や企業のイメージアップ

太陽光発電の導入を、検討されている企業もいるのではないでしょうか。 現在、大まかに分けて産業用と家庭用のものがあります。基本的に産業用のものは、発電量が家庭のものよりも多いため、全量買取制度が適応されます。一方、家庭用の太陽光発電は余剰電力を買取してもらうことになります。
  • 目次

  • 1.余剰電力を電力会社に買取

  • 2.太陽光発電は原子力発電や火力発電とは異なる

  • 3.パネルの裏側の温度管理

1.余剰電力を電力会社に買取

余剰電力とはその名の通り、余った電力になります。一般家庭では、発電した電力をご自宅の電気として使用することができます。しかし、電気の使用量が少なければ当然、電力が余ることもあるでしょう。そのような余った電力を電力会社に買取してもらうことができます。 通常、余剰電力を買取してもらうことによって、サイドビジネスとして取り入れることは難しくなっていますが、余った電力量によっては、家計の助けになってくれる可能性があります。現在でも、住宅街では屋根にパネルを設置している方が多くなっています。企業が導入をする際には、産業用の太陽光発電システムを導入するのが一般的になります。 企業では、電気料金を削減する目的ではなく、営業利益の向上や企業のイメージアップに取り入れる所が多くなっています。 例えば、導入をすれば少ないリスクで利益を上げることができる確率が高くなっています。 基本的に太陽の光があれば発電することができるので、管理のために人を雇ったりするケースは少なく、人件費などの負担を抱えずに導入できます。 また、産業用であれば全量買取制度が適応されるので、発電したすべての電力を電力会社に買取してもらうことが可能です。さらに使っていない広大な土地を所有している企業では使用していない土地に導入をすれば有価資産に変えられるでしょう。 しかし、何も配慮せずに設置をすれば、当然発電量が少なくなります。もし、効率的に発電をして利益を上げたい方は、シュミレーションを行ってみてはいかがでしょうか。

2.太陽光発電は原子力発電や火力発電とは異なる

通常、独自でシミュレーションを行うことは難しいため、シュミレーションサービスを利用すれば、建物や地形を考慮してどのぐらいの電気を起こすことができるのか、推定データを受け取ることができるので、利益を生みやすい土地を選択して、パネルを設置することができます。 企業においては、イメージ向上のために設置する方も少なくありません。太陽光発電は原子力発電や火力発電とは異なり、クリーンエネルギーになります。例えば、原子力発電では災害などを起こして故障などが引き起これば放射線物質が外部に漏れ出し放射能汚染の懸念があります。 一方、火力発電は二酸化炭素を排出して発電をするため、クリーンなエネルギーではありません。太陽光発電においては太陽の光で発電をすることができるので、クリーンなエネルギーになります。そのため、環境への取り組みをしている企業であると周囲に判断される確率が高くなるため、企業イメージの向上に一役買ってくれる可能性があるでしょう。

3.パネルの裏側の温度管理

通常、太陽光発電を導入すると管理をするために、遠隔監視システムを導入することになります。 遠隔監視システムでは、電力の発電量などはもちろんのこと、パネルの裏側の温度管理なども行うことができるので、安全に運用をすることができるでしょう。 また、蓄電池計測にも対応してくれるので、充放電や蓄電池残量(SOC)なども計測することができます。 遠隔監視システムは、遠く離れている所に設置している太陽光パネルの発電量などを、自宅や社内から確認できます。例えば、Webモニタリングを導入することによって、パソコンやタブレット端末などインターネット接続環境ができる端末を使用して確認することができます。 画面の色みなどのデザインやロゴの表示など、企業の好みに変更することができるため、監視画面に企業のイメージを出すこともできます。 ログイン機能を搭載しているため、誰でも見ることができない環境ですが、複数のユーザー登録が行えるので、複数のユーザーで運用を遠隔で監視していく事ができるでしょう。
 ↳太陽光発電コラム一覧へ
工場・倉庫などの屋根を有効活用で【優良資産】に 有休地や空き地を有効活用で【優良資産】に
20年間安定した【収益確保】の産業用太陽光発電 広い土地を是非【買います!】【借ります!】
土地付き太陽光発電【高利回り】物件情報はこちら 【売電収入最大化】を実現するO&Mサービス
企業間アライアンス・業務提携で【win win】の関係を 【御社様オリジナルの省エネプラン】を作成いたします