建物形状から省エネプランを探す

産業用の太陽光発電システムは発電量をすべて電力会社に買い取ってもらう

基本的に、ご家庭に設置されている太陽光発電は、余剰電力を電力会社に買取してもらうことになります。主に光熱費の削減や余剰電力を買取してもらい、家計の足しにする事はできますが、収入源とすることは難しくなっています。しかし、家庭用でも断熱性の向上や、光熱費の削減など様々なメリットがあるでしょう。 一方、産業用の太陽光発電システムは、発電量をすべて電力会社に買い取ってもらう事が可能です。では、産業用の太陽光発電システムを企業が導入することによって、どのような利点を獲得することができるでしょうか。例えば、企業の社会的責任を果たす役割を担ってくれます。
  • 目次

  • 1.太陽光パネルを設置して有価値の財産

  • 2.地震によって大きな被害を受けた地域

  • 3.システム導入前に発電量を推定

  • 4.太陽光パネルを設置している場所が離れている方

1.太陽光パネルを設置して有価値の財産

企業は、自社の利益を高めることだけでなく、その他にも地域に貢献をしたりする責任があります。導入をすれば電気の自給率を高めることによって電力会社の負担を減らし、ご家庭の供給できる電力を起こすことができるので、CRSとして評価を高めることが可能になります。 その他の利点としては、一定の経済効果を得ることができる点です。企業はCRS評価を高めるだけでなく、運営を続けていくためには、利益を上げなければなりません。太陽光発電を導入すれば産業用のため、発電した電力の多くを電力会社に買取してもらうことができます。 そのため、企業の収入源とすることができるでしょう。 また、無価値の財産を有価値に変えることができます。例えば、企業によっては使っていない土地を所有している所もあるでしょう。もし、その土地が広大であれば太陽光パネルを設置して有価値の財産に変えることができます。 災害時などに役立てられる点も一つの利点となるでしょう。例えば、日本においては数多くの災害が発生すると考えられます。

2.地震によって大きな被害を受けた地域

過去を振り返っても、地震によって大きな被害を受けた地域は少なくありません。また、今後も大きな地震が起こる確率は高いとされているため、地震による災害に対する取り組みが企業には求められます。 猛烈な台風が日本に到来すれば、風や雨の影響によって停電をし、企業は電気を使えなくなります。企業の多くは、パソコンや自社サーバーなど電気に依存しているケースが多くなっているため、非常電源の確保が必要になります。太陽光パネルを導入すれば、非常用電源としても活用することができるので、災害が起きた際にも、発電した電力を使用することができます。 そのため、一定の事業継続基盤を確保することができるでしょう。 このように、様々な利点があるので、企業は産業用の太陽光発電システムを導入してみてはいかがでしょうか。

3.システム導入前に発電量を推定

基本的に太陽光発電システムを導入をするのであれば、多く発電できる土地を選択し、そこに設置して効率的に発電を行いたいと考えている方が多くなっています。 どこに設置しても、それほど発電に差異は生じないのではと思われる方もいますが、建物や地形によって発電効率は変化します。 例えば、建物が周辺にあり、太陽の光を遮ってしまう所に設置をすれば、太陽の光がパネルにあたらないので、発電効率は低下します。 もし、発電効率に関して不安を抱えている方は、シュミレーション代行サービスを利用してみてはいかがでしょうか。システム導入前に発電量を推定してもらうことができます。また、反射光なども推測してくれるので、周囲の住宅やビルに迷惑をかける可能性が少なくなります。 4.太陽光パネルを設置している場所が離れている方 既に、太陽光発電システムを導入している企業では、計算システムの導入を検討されているところも多いのではないでしょうか。計算システムでは、様々な計算を行うことができます。 パルス信号を用いることによって、電力量の計算やパネルの温度の計測が可能となります。また、マルチメータ等を用いることによって、消費電力の計算も可能です。 ただ計算を行うだけでなく、他のシステムとの連携も可能となっています。例えば、屋外表示掲示板を太陽光パネルが設置している所に導入しているところもありますが、そのような他のシステムやサイネージとの連携が行えます。また、計算システムでは蓄電池計測に対応してくれます。これによって、充放電の計算や蓄電池残量(SOC)なども把握することが可能です。 Webモニタリングを用いれば、遠隔監視が可能となります。例えば、太陽光パネルを設置している場所が離れている方もいるでしょう。モニタリングを用いれば、遠隔地の発電量などを確認することができるので、効率的に発電所の運用を行うことができます。 また、タブレット端末などからもアクセスすることができるので、監視の手間を少なくしてくれます。
 ↳太陽光発電コラム一覧へ
工場・倉庫などの屋根を有効活用で【優良資産】に 有休地や空き地を有効活用で【優良資産】に
20年間安定した【収益確保】の産業用太陽光発電 広い土地を是非【買います!】【借ります!】
土地付き太陽光発電【高利回り】物件情報はこちら 【売電収入最大化】を実現するO&Mサービス
企業間アライアンス・業務提携で【win win】の関係を 【御社様オリジナルの省エネプラン】を作成いたします