建物形状から省エネプランを探す

太陽光発電の監視をすることで起きるメリット

コスト削減、経費削減目的やエネルギーを売電する目的で利用をされることもあるのが、太陽光発電です。近年では企業や法人のみではなく、個人でも設置しエネルギーを売電、利用する方が増えてきていると言われています。そんな太陽光発電ですが、実際にどのくらいの電力エネルギーが作られたのか、気になる方も多いのではないでしょうか。そういったデータを目で見てわかりやすく判断をすることが出来るのが、太陽光発電の遠隔監視です。 遠隔監視とは、目で直接見てもわからないようなものをデータ化し、遠隔地でも確認できるように見える化する監視方法ですが、太陽光発電の場合は、実際にどのくらいの発電をしているのか、どのくらいの電気が利用されて、どのくらいの電気を売電可能なのかなどがデータ化されて、視覚的に理解することが出来る様になると言えます。 こうした監視方法は、太陽光発電に限ったことではなく様々なシーンで、利用用途は非常に多くあります。

目次

1.太陽光発電をこのように遠隔監視

2.太陽光パネルやパワーコンディショナ

3.PCで利用されるタイプの監視方法

4.どのくらいのエネルギーが発電されているのか

1.太陽光発電をこのように遠隔監視

太陽光発電をこのように遠隔監視をすることで、具体的にはどのようなメリットがあるのでしょうか。監視をすることで起きるメリットについてご説明します。 まずは、太陽光発電の故障がいち早く分かるという点にあります。遠隔監視システムがなければ、太陽光発電が正常に稼働しているのか、あるいは何かしらの故障が発生しているのか、目視では分かりにくく、また故障の発見も遅れます。その他メリットとしては、目では見えないわかりにくいデータを数値化し、比較がしやすいようになる点です。発電の場合は、どのくらいの電力を発電し、実際に供給しているのかなど、知りたいデータを知ることが出来る点がメリットとして挙げられるでしょう。よくわからないまま得をした気分で利用し続けるよりも、実際に数値化することで、どのくらい得をしたのか実感して利用をし続ける方が、利用をする楽しみも増えると言っても過言ではありません。 次に、データを集めていくことで統計が取れ、将来的な部分もシミュレーションが行いやすくなるという点です。データが日々蓄積することで、毎日どのくらい発電するのか、将来的にどのくらいで初期費用の元を取れるのか、など、将来的なシミュレーションをすることが出来る点もメリットとして挙げられます。 このように、発電をきちんと管理をする目的で遠隔監視を利用することで、より効率よく、より便利にシステムを利用することが出来ると言えるでしょう。

2.太陽光パネルやパワーコンディショナー

計測を行いたい部分に、計測器を設置していきます。太陽光パネルやパワーコンディショナの近くに、計測器を設置することで、どのくらいの発電量なのかなどを測定することが可能になります。 次に、設置した測定器の情報を読み込むことが出来る機器を用意します。こちらは企業によっても方法が異なりますので一概には言えませんが、主に、クラウドサービスを利用して確認する方法やメールでデータが送られてくる方法、アプリなどを利用して確認をする方法など、様々な方法が利用されており、簡単に情報を確認することが可能です。 そして、蓄積していった情報を必要に応じて、シミュレーションなどを行っている企業に依頼をすることで、将来的なビジョン、どのくらいの電力を供給しているのかなどを予想しやすくなりますので、依頼をすることが出来る企業に相談をすることで、より利用効率、能率がアップすると言っても過言ではありません。 このように、便利に利用をすることが出来る点も、遠隔監視の大きな特徴です。データを元に様々な予測を立てることが出来る様になりますので、より発電を生かしたいという方は利用をおすすめします。

3.PCで利用されるタイプの監視方法

遠隔監視とは、様々な情報を収集計測し、遠隔地から監視をすることが出来るシステムのことを指します。こうした遠隔監視は様々なシーンで利用されますが、太陽光発電などにも利用され、具体的には下記方法で監視を行うことが出来るとされています。 まずは、PCで利用されるタイプの監視方法です。計測器を設置した後、どのくらいの電力が発電されているのかなど、リアルタイムの状況を計測し、データとしてみることが出来る監視方法として知られています。こちらは基本的に、ネット環境さえあればどんな場面でも利用をすることが出来る場合が多いので、ネット環境を使うことが出来るケータイやタブレットなどでも、場合によっては監視が可能と言えるでしょう。 設置をする計測器に関してですが、計測を行うことが出来る専用の機器を設置することで、データ収集を行うことが可能になります。商品によっても異なりますが、小型端末を設置し日々の情報を計測、ネット上などで情報を見ることが出来る様になるのです。計測機器の種類は数多くありますが、利用用途や利用場所に合わせたタイプの商品を利用することで、より監視がスムーズに、監視を確実に行うことが出来ると言えるでしょう。 このように、監視システムを利用をする際には、その場その場に合わせた計測方法や、データを表示することが必要です。こうしたデータを利用することで、より効率よく、より将来性が見通すことが出来る様になるという点が、こちらのシステムの大きな特徴であると言えますので、導入をする企業は年々増加傾向にあります。

4.どのくらいのエネルギーが発電されているのか

遠隔監視を利用しているのは企業はもちろん、個人宅でも増加傾向にありますが、具体的には下記メリットがあります。 まず初めに、データを数値で見える化することが出来るという点です。データを数値化にすることで、どのくらいのエネルギーが発電されているのか、実際に利用・売電されているのはどのくらいなのか、故障はしていないかなど、様々な面を確認することが出来ますので、確実に確認をするためにはこうした監視システムを利用して、数値化することがおすすめであると言えるでしょう。 太陽光発電などの利用をしている方の場合は特に、故障による売電機会を損失しないように、こうしたデータを見ておくことをおすすめします。 このように、監視をすることで具体的に数値化し、将来的にどのような点を改善すれば良いのか、どのようにして得をすることが出来るのかなどを確認することが出来る様になりますので、利用用途を明確にするためにも、遠隔監視はおすすめであると言えるでしょう。
 ↳太陽光発電コラム一覧へ
工場・倉庫などの屋根を有効活用で【優良資産】に 有休地や空き地を有効活用で【優良資産】に
20年間安定した【収益確保】の産業用太陽光発電 広い土地を是非【買います!】【借ります!】
土地付き太陽光発電【高利回り】物件情報はこちら 【売電収入最大化】を実現するO&Mサービス
企業間アライアンス・業務提携で【win win】の関係を 【御社様オリジナルの省エネプラン】を作成いたします