建物形状から省エネプランを探す

太陽光発電は災害が起きた際に対応できるよう予備電源

企業の中には、太陽光発電の設置を検討されているところもあるのではないでしょうか。現在、企業だけでなく、ご家庭においても自宅の屋根にパネルを設置して電気代などを削減しているところが増えつつあります。ご家庭などにおいても太陽光発電を設置することには多くのメリットがありますが、今回は企業に焦点を当ててメリットを紹介します。 まず、環境への貢献をすることができる点です。現在、日本だけでなく世界においてもCO2の削減は課題となっています。
  • 目次

  • 1.太陽光発電がクリーンなエネルギー

  • 2.太陽光の発電計測に加えて充放電なども瞬時に確認

1.太陽光発電がクリーンなエネルギー

二酸化炭素により地球温暖化や環境汚染などが進行するので、企業の多くはCO2削減に取り組んでいるのです。太陽光発電がクリーンなエネルギーであることは周知の通りです。火力発電は石油を使用して燃やすため、たくさんの二酸化炭素を排出することになります。一方で太陽光発電は太陽光をエネルギーとして電力に変換するため、二酸化炭素を排出することなく発電をすることができます。 企業を存続させるためには利益を出し続けなければなりません。企業の中には主な業務とは別に太陽光発電を設置して利益を出そうと考えている企業も多くなっています。通常、企業が設置する際には産業用太陽光発電システムを設置するのが一般的になります。家庭のものは電力が余った分を電力会社などに買取してもらうことになりますが、産業用を設置するとFITも適応することができます。固定額買取期間は20年になります。そのため、20年間の間、企業は安定した収益を得ることができるのです。 企業の中には空き地や使用してないスペースを所有しているところもあるでしょう。太陽光エネルギーを電力に変換するパネルは太陽が当たる場所であれば例外を除いて設置することができるので、このような無価値財産を収益資産に変えることができます。企業では災害時に業務を続けられる環境や、すぐに復旧することができる体制作りをしておくことが求められます。 特に日本は地震が頻繁に発生する国です。地震に関しては常日頃から発生しており、また将来、大地震が来るのではないかと不安を抱えている方も多くいるのです。地震は建物を壊したりする被害だけでなく、津波などの被害も発生するため、大津波などが起こると甚大な被害をもたらすこともあります。このように地震が発生する可能性が高い日本において、災害が起きた際に対応できるよう予備電源などを準備している企業もあります。 太陽光発電を設置することによって、災害が起きた際にも自立運転機能を用いれば最低限の電力を確保することができます。停電が起きた場合にも業務を継続したり適切なシステムのクローズを行うことができます。太陽光発電を利用する際はパネルを屋根に設置することになるため遮熱効果などを得ることができます。特に夏は気温が高く太陽の光も強くなるため室内の気温が上昇しやすくなります。太陽光発電を設置することによって遮熱効果を得られるのでエアコン効率などを高められるのです。

2.太陽光の発電計測に加えて充放電なども瞬時に確認

産業用として太陽光の発電システムを利用している企業などでは、計測システムを導入するのが一般的になります。では計測システムにはどのような機能があるのでしょうか。 例えば多様な計測ニーズに対応するためにPCSの計測以外にもパスル信号を用いた電力量計測やパネルの裏面温度測定などを行うことができます。また、他のシステムと連携することも可能です。計測データを他のシステムに引き渡したり、屋外表示装置と連携をすることも可能です。 また、蓄電池付きの太陽光発電の計測も行うことができます。太陽光の発電計測に加えて充放電なども瞬時に確認できます。遠隔監視にも対応してくれる製品がありますので、そのような製品を利用することで遠隔で監視でき、被害などがあった際には瞬時に対応することが可能となります。自宅やタブレットからでも監視できるので、設置されている場所に行かなくても状況を把握することができます。
 ↳太陽光発電コラム一覧へ
工場・倉庫などの屋根を有効活用で【優良資産】に 有休地や空き地を有効活用で【優良資産】に
20年間安定した【収益確保】の産業用太陽光発電 広い土地を是非【買います!】【借ります!】
土地付き太陽光発電【高利回り】物件情報はこちら 【売電収入最大化】を実現するO&Mサービス
企業間アライアンス・業務提携で【win win】の関係を 【御社様オリジナルの省エネプラン】を作成いたします