建物形状から省エネプランを探す

太陽光発電は変換装置に通すことで交流電力に変換して電気を作り出す

太陽光発電は、太陽の光を利用して発電するシステムのことで、パワーコンディショナーなどの変換装置に通すことで交流電力に変換して電気を作り出しています。 太陽光パネルとパワーコンディショナー、これらを繋ぐ接続箱、気温計、日射計、計測装置、発電量が表示される表示モニター、 そして電力会社の配電線へと接続する電力量計などで構成されている太陽光発電システムは、電力会社などへ売電することもできるため、余った電気も無駄にすることなく有効的に活用することができます。
  • 目次

  • 1.売電先の電力会社との系統連系

  • 2.予測発電量・平均日射量などを確認

  • 3.太陽光発電を導入する際には数社から見積もり

1.売電先の電力会社との系統連系

発電した交流電力を販売する場合には、売電先の電力会社との系統連系を行なう必要があります。 系統連系とは、過電圧や不足電圧、周波数上昇や低下が発生して悪影響が出ないように、安全確実に配電するために定められている電圧や周波数に合わせるために電力網ネットワークに接続することです。電気が高い電圧から低い電圧へと流れる性質を利用して行なわれます。例えば、パワーコンディショナーの出力電圧を107Vに設定すると仮定します。商用の電源は一般的には100Vになっているので、出力電圧と商用電源の差7Vの電気が電力会社の配線へ逆潮して売電し利益を得ることができます。 また、まれに商用電源の電圧値がパワーコンディショナーの出力電圧より高くなることがありますが、その場合でもシステムが自動で電圧を検出して出力を抑制してくれます。抑制がかかっている時には売電はできない状態になり、太陽光の設置者が多い系統内で起こりやすい現象となります。

2.予測発電量・平均日射量などを確認

太陽光発電を導入する際に必ず行なってもらいたいのが発電シミュレーションです。発電シミュレーションでは予測発電量・平均日射量などを確認することができます。 この中でも特に注意して確認しておきたいのが発電量・平均日射量で、製品のメーカー名や型番、太陽光発電の規模、年間の想定発電量、向こう10年間の発電量推移予測も併せてチェックしておくといいでしょう。 発電シミュレーションで具体的な数字を確認し、見積もりと照らし合わせてみることで、導入した場合にどれだけ得でどれだけ損をするのかということが分かります。導入をするのかしないのかの最終的な判断材料になるものですので、発電シミュレーションの結果からは費用対効果を確認することができ、導入時の初期費用にどれくらいが必要で、初期費用にかかった金額をどれくらいの期間で取り戻すことができるのか、という点を意識してチェックします。初期費用の回収期間が短ければ短いほど、経済的にも環境的にも大きなメリットを見込めるということになります。 発電シミュレーションや見積もりには多くの情報が詰め込まれているため、どれをどう見て比較すればいいのか分かりにくいと思いますが、費用対効果さえしっかりと抑えておけば、太陽光発電を導入するに値するのかしないのかがわかりますので、他の多くの情報に惑わされないように注意しましょう。 費対効果の算出方法は初期費用÷想定年間利益=回収年月の数式で出し、投資利回りを算出する場合には想定年間利益÷初期費用=投資利回りの数式で出すことができます。基本的には10年ほどで初期費用の回収ができない場合は、導入するメリットはあまりないということがいえますので、よく比較検討して決めるようにしてください。

3.太陽光発電を導入する際には数社から見積もり

太陽光発電を導入する際には数社から見積もりを取ることになると思いますが、特に注意して見ておきたい項目を紹介します。 まず見積もりに日付や会社名、担当者の名前が記載されているか。当たり前のことですが、中には記載していないところもあり、比較する際にどこの見積書なのか分からなくなりますので必ず確認しましょう。そして設置条件や内容の記載、必要な機械類の記載をチェックします。メーカー、kW数、設置面、屋根材、システム構成に必要な機器が揃っているのかなどをしっかり確認し、特に屋根材の情報と機器に不要・不明なものが含まれていないかを確認します。屋根材が間違えて記載されている場合、施工費に影響がでてきますし、不要・不明な機器については余計な出費の元にもなるのでしっかりとチェックが必要です。型番や数量の記載の確認も忘れないようにしましょう。 さらに商品単価や工事費の内訳についても確認を行ない、商品ごとの単価や工事費の内訳が不明な場合は、余計な出費を避けるためにも業者に連絡をして再確認をおすすめします。 他にも備考欄の内容や予備部材、交通費も含まれているのかなどの記載もあれば確認をしておきましょう。
 ↳太陽光発電コラム一覧へ
工場・倉庫などの屋根を有効活用で【優良資産】に 有休地や空き地を有効活用で【優良資産】に
20年間安定した【収益確保】の産業用太陽光発電 広い土地を是非【買います!】【借ります!】
土地付き太陽光発電【高利回り】物件情報はこちら 【売電収入最大化】を実現するO&Mサービス
企業間アライアンス・業務提携で【win win】の関係を 【御社様オリジナルの省エネプラン】を作成いたします