建物形状から省エネプランを探す

LED照明は約8割もの電力削減効果がある

LEDは、電気を流すことで発光する半導体の一種です。 LED照明は、長らく活躍してきたおなじみの蛍光灯に代わる第4世代の照明として、今まさに省エネ時代の旗手とも言える期待を担っています。 白熱電球や蛍光灯に比べて、LED照明は約8割もの電力削減効果があることから、21世紀の新しい光源として企業から一般家庭まであらゆるシーンに浸透しつつあります。 平均約40,000時間という長寿命のLED照明は、省エネ効果だけでなく、購入費用や交換の手間などのコスト削減効果も見逃せないものです。 LEDの性質におけるこれら多くのメリットは行政や自治体も高く評価するところで、導入に際して税制優遇措置や補助金制度を設けて切り替えをサポートする動きが加速しています。 シーンごとにふさわしい製品を吟味して選ぶことで、LED照明は省エネ効果をはじめとした計り知れないトータルコストの削減効果をもたらすでしょう。
  • 目次

  • 1.LED導入が電気代の大幅なコスト削減になる理由

  • 2.LED導入におけるメリットとデメリットとは

  • 3.特性を活かしたLED照明の用途のいろいろ

  • 4.LED導入が節税対策になる税制優遇措置とは

  • 5.LED導入に際しては自治体の補助金制度を活用しよう

  • 6.LED照明の電力削減効果と製品選びのポイント

1.LED導入が電気代の大幅なコスト削減になる理由

LEDのメリットは、長寿命・省電力であること、目に優しいこと、光で変色しないことなどが挙げられます。その一方でデメリットもあるため、導入する際はデメリットも理解しておきましょう。

2.LED導入におけるメリットとデメリットとは

照明のコストは電気代だけでなく、取り換えたり点検するための人件費や廃棄料金なども関係してきます。LEDは長寿命でそれらのコスト削減になる上、電気代そのものの削減にも繋がります。

3.特性を活かしたLED照明の用途のいろいろ

LED照明の特徴は様々な用途に適しています。特徴が活かされている例としては、大きなビルや公共施設など照明の数が多い建物、天井の高い工場や倉庫などが挙げられます。

4.LED導入が節税対策になる税制優遇措置とは

LED照明を導入するにあたって気になるのはコストですが、現在では国や自治体による税制優遇措置もあります。節税の効果も期待できますから覚えておくと良いかもしれません。

5.LED導入に際しては自治体の補助金制度を活用しよう

LEDにはたくさんのメリットがありますが従来の白熱灯より高いため初期コストがかかります。自治体が用意している補助金制度を利用すればお得に導入することも可能となるでしょう。

6.LED照明の電力削減効果と製品選びのポイント

LEDに交換することで得られる大きなメリットの一つは電気代を削減できるということです。製品選びのポイントは明るさを示すルーメンや口金をチェックするということです。
 ↳LED照明コラム一覧へ
LED照明工事は【最も効果的】な省エネ対策 月々のレンタル料金は【電気代削減の範囲内で導入】可能
企業間アライアンス・業務提携で【win win】の関係を 【御社様オリジナルの省エネプラン】を作成いたします
工場・倉庫などの屋根を有効活用で【優良資産】に 有休地や空き地を有効活用で【優良資産】に
20年間安定した【収益確保】の産業用太陽光発電 広い土地を是非【買います!】【借ります!】
土地付き太陽光発電【高利回り】物件情報はこちら 【売電収入最大化】を実現するO&Mサービス