建物形状から省エネプランを探す

LED照明の数々のメリット

LEDは一般家庭から公共施設まで幅広く使用されている光源であり、国単位で導入が勧められている光源でもあります。 多くの支持を集めている背景にはLED照明の数々のメリットが存在します。 まず多くの人がご存知の、長寿命で消費電力が少ないというメリットがあります。 また、変色をもたらす紫外線や赤外線と言った放射物がほとんど出ない点も魅力です。 美術品や書籍を保管する場所には、それらにとって有害な物質が放射されないLEDが適しています。 従来の光源は使用中にちらつきが起きることもありましたが、直流電流を使用することでちらつきも起きず長時間の点灯も目に優しくなります。 点灯・消灯を頻繁に行う場所でも、寿命に変わりはありません。 寒い場所でも点灯することができ、点灯中に熱くなることもありません。

目次

1.LED導入が電気代の大幅なコスト削減になる理由

2.照明器具にかかるコストとは

3.LEDのほうが必要な電力が少なくて済む

1.LED導入が電気代の大幅なコスト削減になる理由

LEDはメリットが先行していますが、少なからずデメリットもあります。 導入する前にデメリットもしっかりと勉強しておきましょう。 LED照明自体は熱を発しませんが、反対に熱を与えられると弱い性質があります。 日本の夏程度の暑さなら全く影響はありませんが、高温状態に長い間さらされると寿命が縮むことがあります。 外の照明は冬になると雪が積もることがありますが、熱を発しないLED電球は雪がなかなか解けません。 優しい光のため蛍光灯よりも光が弱く感じる人もいます。 電子部品が大きいことが故障の原因になったり、安定器を外さずに設置して発火する恐れがあったりとテクニカルな損失も起きる可能性があります。 結露にも弱い性質があります。 ちなみに、LEDが長寿命であることは紛れもない事実ではありますが、照明機器自体の寿命とは別物である点も注意が必要です。 電源部の寿命が尽きてしまえば当然ながらLEDも点灯することはありません。 デメリットを理解し気を付けておくことで、LEDのメリットを最大限発揮させることができるようになるでしょう。

2.照明器具にかかるコストとは

照明のコストと言えば電気代を思い浮かべる人が多いでしょう。 しかし、照明にかかるコストは電力会社から来る電気代の通知だけで完結するものではありません。 破損や経年劣化で球切れを起こした場合は取り換える手間もかかりますし、在庫管理も必要です。 消灯させないために行う点検にも人件費がかかっています。 さらに、照明を捨てるときに廃棄料がかかってしまう自治体も少なくありません。 このように、照明のコスト削減を考える際は使用電力以外のコスト削減も念頭に置かなければならないのです。 ある意味、照明にかかる人件費などの費用も電気代の一部と考えられますから、これらのコスト削減は電気代のコスト削減と言っても良いでしょう。 LEDは長寿命で管理コスト削減につながるだけでなく、廃棄回数も削減することができます。

3.LEDのほうが必要な電力が少なくて済む

LEDは管理コストや廃棄回数の削減だけでなく、電気代そのものの削減にも繋がります。 LEDは白熱球よりも電気代が安いことは多くの人が知っている事実ですが、なぜ電気代が安くなるのか知らない人も多いのではないでしょうか。 以前まで照明として主流だった白熱球や蛍光灯は電気を通すと発熱しますが、LED照明は熱を帯びません。 実は、この違いが電気代に関係してくるのです。 発熱する照明器具は、通っている電気が光だけでなく熱にも変換されています。 つまり、熱を発する分の電力が無駄に消費されていたということです。 一方LEDは通った電力のほとんどを光に集中させるため、熱を出すための電力は不要となります。 LED照明と熱を発する照明を同じくらい光らせようとすると、LEDのほうが必要な電力が少なくて済むため、LEDは電気代が安くなるのです。 科学的には他にも理由がいくつかあるようですが、わかりやすく大きな理由として挙げられるのはこのような電力効率の良さとなります。 大きな建物は照明をいくつも必要とするため、それらすべてをLEDに交換することで大幅なコスト削減が図れるでしょう。
 ↳LED照明コラム一覧へ
LED照明工事は【最も効果的】な省エネ対策 月々のレンタル料金は【電気代削減の範囲内で導入】可能
企業間アライアンス・業務提携で【win win】の関係を 【御社様オリジナルの省エネプラン】を作成いたします
工場・倉庫などの屋根を有効活用で【優良資産】に 有休地や空き地を有効活用で【優良資産】に
20年間安定した【収益確保】の産業用太陽光発電 広い土地を是非【買います!】【借ります!】
土地付き太陽光発電【高利回り】物件情報はこちら 【売電収入最大化】を実現するO&Mサービス