建物形状から省エネプランを探す

LEDは圧倒的な寿命の長さが大きな特徴

LEDという言葉は、とても頻繁に耳にするようになりました。 LEDとは、電圧を加えることによって発光する半導体素子の一種で、従来の照明とは異なり、無駄なく発光させることができるため発熱ロスが少なく、省エネルギー効果が期待できます。 また、もっとも大きな特徴としては長寿命ということが挙げられます。 白熱電球では、だいたい1000〜2000時間の寿命と言われていますが、LEDになると4〜6万時間と桁が違ってきます。 圧倒的な寿命の長さが大きな特徴のLEDは、交換することだけでも様々なメリットが得られます。 一度交換すればしばらく交換する必要はありませんから、トータルでの手間を考えるとコストパフォーマンスが非常に良いと言えるのではないでしょうか。 また、従来の白熱灯と比べて反応速度が速いため、すぐに反応して点灯するのもメリットの一つです。 暗い部屋をすぐ明るくできるLEDは、暮らしの効率をさらにアップしてくれます。

目次

1.自治体の補助金制度

2.LED化におけるメリット

3.製品選びにおけるポイント

1.自治体の補助金制度

メリットの多いLEDですが、従来の白熱灯と比べると商品そのものの価格が高いことがネックとなって導入に躊躇してしまう方が多いのも事実です。 そこで活用してほしいのが自治体の補助金制度で、この制度を利用することによってお得にLEDを導入することが可能となるでしょう。 なるべくコストをかけずに導入したいという方は、住んでいるエリアを管轄する自治体で確認してください。 自治体が実施している補助金制度ですが、これはLEDの導入を考えている方に一定の助成金を出すというものです。 補助金制度を利用すれば、導入にかかる費用を抑えることができますが、注意点もあります。 この制度は、日本全国すべての自治体が実施しているわけではないということが挙げられます。 もしかしたら住んでいるエリアの自治体では扱っていないかもしれません。 ただ、今後このような制度はより充実していくことが予想されます。

2.LED化におけるメリット

LED導入におけるメリットはたくさんありますが、もっとも大きなメリットとして消費電力の削減が挙げられます。 恐らく、導入を考えている方や検討している方の多くは、この消費電力削減という部分に魅力を感じ、実際に多くの方が消費電力を削減したい、電気代を少なくしたいという思いなのではないでしょうか。 消費電力を抑えたら、照明が明るくなくなるのでは、と思ってしまいがちですが、照度に関しても問題はありません。 従来のモノとほぼ同じくらいの明るさで電気料金を削減することができます。 40ワットの蛍光灯1本を1時間使用すると、だいたい1円の電気代がかかりますが、ちりも積もれば山となり、年間トータルで計算すると30万円近い電気代になることも珍しくありません。 LEDに交換することによって、この電気代を大幅に軽減できるようになるのは、非常に大きなメリットと言えます。

3.製品選びにおけるポイント

これからLEDに交換したいと考えていても、どのように適切な製品を選べばいいのか分からない、という悩みも多いのではないでしょうか。 ポイントの一つとして、口金のサイズが挙げられます。 ソケットに差し込む金具部分を口金と呼びますが、これにはE17口金とE26口金があります。 LEDにも同様にこれらのサイズの口金があるので、同じ口径の口金を選ぶということがポイントです。 製品選びのもう一つのポイントは、明るさです。 LED照明の製品選びでは明るさも重要な部分ですから、しっかり確認しましょう。 光の量を表す単位はルーメンと呼ばれ、この数値が大きくなるほど明るい照明ということになります。 明るさ重視という場合は、このルーメンを重視して製品選びをするようにしましょう。 商品のパッケージなどに、明るさを示すルーメンの数値や目安が記載されているので、製品選びの際には必ず確認してください。
 ↳LED照明コラム一覧へ
LED照明工事は【最も効果的】な省エネ対策 月々のレンタル料金は【電気代削減の範囲内で導入】可能
企業間アライアンス・業務提携で【win win】の関係を 【御社様オリジナルの省エネプラン】を作成いたします
工場・倉庫などの屋根を有効活用で【優良資産】に 有休地や空き地を有効活用で【優良資産】に
20年間安定した【収益確保】の産業用太陽光発電 広い土地を是非【買います!】【借ります!】
土地付き太陽光発電【高利回り】物件情報はこちら 【売電収入最大化】を実現するO&Mサービス