建物形状から省エネプランを探す

水銀灯からLED照明への切り替えがおすすめ

工場・倉庫は消費電力が多く、月々の電気代が高くなりがちです。 経営者や総務担当者の立場からすると、月々のランニングコストはできるだけ抑えたいものでしょう。 そこで、イニシャルコストは発生しますが、水銀灯からLED照明への切り替えがおすすめです。 工場・倉庫向けにLED照明を導入するメリットを見てみましょう。 まず、水銀灯と比較するとLED照明は寿命が長いことが最大のメリットです。 水銀灯が10,000時間であるのに対し、LED照明は40,000時間になります。 照明の交換費用も削減できるので、ランニングコストを節約できるのです。 工場・倉庫の照明器具を交換するたびに通常業務を停止していた場合、交換費用の節約と合わせて作業時間を停止していた分のロスも削減できるでしょう。 業務効率が改善でき、営業日数を無駄にすることがなくなるのもうれしいメリットです。
  • 目次

  • 1.工場・倉庫の電気代も節約できる

  • 2.LEDの償却年数とは

  • 3.最適なLED導入プランで償却年数を短縮

1.工場・倉庫の電気代も節約できる

LEDに切り替えるメリットは、それだけではありません。 消費電力が少ないので、電気代のランニングコスト削減ができます。 水銀灯は435Wであるのに対し、LEDは80Wと、5分の1未満の消費電力にとどまります。 LED導入時のイニシャルコストは水銀灯の1.5倍ですが、ランニングコストを考えると照明器具を交換するほうが節約効果は高いということになります。 寿命の長さも併せて総コストを比較すると、LEDのほうが長期的に見ると経費削減効果が高いことがわかるでしょう。 さらに、水銀灯よりも少ない消費電力で今まで通りの明るさを維持できるため、工場・倉庫をもっと明るくして、事故防止に努めたいという場合にもおすすめです。 工場・倉庫を毎月利用するのに発生する消費電力や電球の交換費用、またそれらにかかる手間は、決して小さなものではありません。 電気代はランニングコストに大きく影響するので、水銀灯を使用している工場・倉庫の経営者や担当者の方は、ぜひLED照明への切り替え導入を検討してみてはいかがでしょうか。

2.LEDの償却年数とは

設備を新しくするには必ず費用が発生します。 そして、その費用は、設備を新しくすることによって削減された費用などによって捻出されていきます。 例えば、100万円の設備投資をすることで、1年間に10万円の費用削減が達成できるとすれば、10年の間その設備を利用し続ければ設備投資の費用は回収できたことになります。 この10年の部分が償却年数です。 LED導入の場合、LEDの導入によって削減された電気料金によってLED導入費用が回収されていくことになるわけです。 LED導入の最大の魅力は電気料金の削減ですから、LEDを導入することでどれだけ短い期間で設備投資の費用が償却できるのかがポイントになります。

3.最適なLED導入プランで償却年数を短縮

LEDを導入する際は、プラン選択が非常に重要です。 導入するライトやソケットの種類、数量などによっては削減できる電気料金に差が生じます。 元々の電気料金が低い部分に高価なLED機器を導入しても削減できる電気料金は少なくなり、償却年数は長くなります。 効果的に償却年数を短縮するには、電気料金を大幅に削減できる導入プランを見出すことが重要になるでしょう。 LED電灯の魅力には、球切れ消灯を防止し交換の手間や管理コストを削減するという効果もあり、管理コストが多額になる箇所について積極的にLEDを導入することで、電気料金のみならず管理コストも大幅に削減し、償却年数を短縮することに繋がります。
 ↳LED照明コラム一覧へ
LED照明工事は【最も効果的】な省エネ対策 月々のレンタル料金は【電気代削減の範囲内で導入】可能
企業間アライアンス・業務提携で【win win】の関係を 【御社様オリジナルの省エネプラン】を作成いたします
工場・倉庫などの屋根を有効活用で【優良資産】に 有休地や空き地を有効活用で【優良資産】に
20年間安定した【収益確保】の産業用太陽光発電 広い土地を是非【買います!】【借ります!】
土地付き太陽光発電【高利回り】物件情報はこちら 【売電収入最大化】を実現するO&Mサービス