建物形状から省エネプランを探す

太陽光発電所のメンテナンスプラン

■太陽光発電はメンテナンスフリーではありません

太陽光発電設備は、メンテナンスフリーではありません。
太陽光パネルは耐久性を持たせ作られていますが、その他の電気機器はそうとは限りません。
太陽光発電設備は、下記のような多くのリスクを持った設備といえます。
プレジャーハウスでは、太陽光発電所におけるO&Mサービスをご案内しております。

■メンテナンスの有無により発電量には大きな差が生まれます。

また太陽光発電設備はモジュールの劣化以外に電気的な故障や通信不良など、多様なトラブルが発生します。
各部材ごとの修理対応は手間となるため、効率の良いメンテナンス体制を整える必要があります。

■低出力パネルは健全なパネルにも悪影響

太陽光パネルは、複数枚が直列に接続されています。そしてこれらのパネルは低い電流値に支配されます。
結果的に不具合があるパネル(低出力)に引っ張られる形となり、健全なパネルの出力も低下してしまいます。

■定期的な点検やメンテナンスは太陽光パネルが吹きさらしになるため必要となります。

吹きさらしな環境に置かれる太陽光パネルは、どうしても砂や埃などが付着してしまいます。
場合によっては2~5%程度の出力低下が見受けられるようですが、
雨によって洗い流されると元の性能に戻るため、大きな損失には繋がりません。
平均的な都市部においての汚れによる出力低下は5%以下と言われており、
交通量の多い道路が近くを通っている場合は、雨だけでは流れにくい油性浮遊物が付着することがあります。

■汚れによる発電量への影響

砂の積層汚れや鳥のフン、畜産施設などにおいては糞や餌の飛沫による汚れが付着することが想定されますが、
この場合の出力低下は5%~10%にも及ぶと言われているため、定期的なクリーニングやメンテナンスは必要となるでしょう。
また、太陽光パネルだけでなくパワーコンディショナや接続箱、集電箱などもメンテナンスを行う必要があります。

■太陽光発電所の雑草対策

太陽光発電所向けの雑草対策を様々な管理方法と効果をご案内いたします。
これら雑草管理方法のメリット・デメリットをご説明します。
工場・倉庫などの屋根を有効活用で【優良資産】に 有休地や空き地を有効活用で【優良資産】に
20年間安定した【収益確保】の産業用太陽光発電 広い土地を是非【買います!】【借ります!】
土地付き太陽光発電【高利回り】物件情報はこちら 【売電収入最大化】を実現するO&Mサービス