建物形状から省エネプランを探す

遮熱・断熱塗料を建物に使用する

真夏に建物が直射日光を受けると、屋根の表面温度が70℃~80℃以上になってしまうことがあります。
断熱材が入っている建物であっても、空調を使用しても、屋根から室内へ熱が伝わり室温が上昇してしまいます。

  • 作業性向上

  • 高い遮熱効果

  • 塗料の色も豊富

  • コストダウン

遮熱・断熱塗料を建物の屋根や壁に塗ることで暑さも冷房費用もまとめてカット!

遮熱・断熱塗料を塗ることにより、建物の表面温度を下げて室内へ伝わる熱を大幅カットします。
冷房負荷を下げ、省エネ・空調コストの削減を実現いたします。

室内環境の向上で労働環境を改善し仕事の効率もアップ!

省エネ・空調コスト削減電気料金をコストダウン!

室内環境の改善労働環境改善+業務効率アップ!

遮熱・断熱塗料の導入メリット

  • 優れた遮熱効果

    室温上昇防止・暑さ対策に最適

  • 高い省エネ効果

    冷房負荷を最大40%削減

  • 抜群の耐久性

    高温化を防ぎ塗膜・屋根材が長持ち

さらに

外部への熱放射低減でヒートアイランド対策
冷房使用率を下げCO2削減

遮熱・断熱塗料はこんなお客様へオススメです

  • 夏期の労働環境を改善したい

    夏場に作業環境が厳しくなる、室温が作業効率・健康に影響を与える場合

  • 室温対策で製品の品質を保持したい

    生産ラインや倉庫などで温度により製品の品質に影響があるため、室温対策がしたい場合

  • 電気料金を削減したい

    夏場の空調にかかるコストで電気料金の負担が大きいため、電気料金が必要な場合

  • ISO14100などの更新対策がしたい

    ISO14100などの環境マネジメントシステムの更新や改善策を検討している方

  • 冷房の負荷を低減したい

    外の気温が30℃を超えると冷房効率が低下してしまい、冷房負荷が高すぎる場合

  • 太陽光による熱に困っている

    建物に、夏場の太陽光によるさまざまな問題が生じており、解決したい場合

屋根の保護 屋根の塗り替えも経済的に

遮熱・断熱塗料を塗ることで太陽光を反射し、屋根の温度が下がるため一般的な塗料よりも塗膜の寿命が長持ちします。 次回の塗り替えまでの期間が延び、大幅な経費削減になります。

遮熱・断熱塗料で屋根を保護塗替え期間を延長し経費削減

導入の流れ

  • ヒアリング

    導入をご検討のお客様には、まずは詳しい内容をお伺いさせていただきます。

  • 現地調査

    遮熱・断熱塗料の導入について、建物の屋根・壁を確認させていただき、施工手順をご掲示いたします。

  • お見積り・ご契約

    現地調査のデータを基に、お見積りをご掲示いたします。 内容に同意いただけましたらご契約手続きを行います。

  • 施工

    日程・工程の調整を行い、施工を実施いたします。